ここから本文です。

更新日:2017年8月22日

曳山展示場

毎年、11月2日から4日にかけて行われる、唐津市内最大のお祭り『唐津くんち』で町内を巡行する14台の曳山を一堂に公開しています。

文政2(1819)年から明治9(1876)年までに唐津神社に奉納された曳山は、木骨を組み、和紙を数百枚張り合わせた上に金、銀、朱、碧などの漆を塗り重ねる工法で仕上げられています。

曳山の題材は、魔除けの獅子や神様の使い、乗り物、警護の武士の兜(かぶと)、神様の供え物の魚など多種多様ですが、江戸時代の唐津の庶民の趣向もうかがえる秀逸な意匠と、華麗な漆芸術は、まれに見る工芸品として佐賀県の重要有形民俗文化財に指定されています。

所在地

佐賀県唐津市西城内6番33号

開館時間

午前9時~午後5時

休館日

11月3日、4日(唐津くんち巡行のため)

12月第1火曜とその翌日

12月29日から12月31日まで

入場料

交通案内

JR唐津駅から

徒歩約15分

車で

福岡から~二丈・浜玉バイパス経由、国道204号へ。約1時間。

佐賀から~国道203号~国道202号~国道204号へ。約1時間。

駐車場

約20台

曳山展示場についての問い合わせ

曳山展示場
電話番号:0955-73-4361

問い合わせ

文化振興課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129