ホーム > 暮らし > 男女共同参画 > パパをもっと楽しもう!遊ぼう・学ぼう・ふれあおう(男性の家事参画地域講座)を開催しました

ここから本文です。

更新日:2017年11月7日

パパをもっと楽しもう!遊ぼう・学ぼう・ふれあおう(男性の家事参画地域講座)を開催しました

佐賀県立男女共同参画センター「アバンセ」と唐津市の共催で、男性の家事参画を進めるため「パパをもっと楽しもう!遊ぼう・学ぼう・ふれあおう」を開催しました。

10組のお父さんと子どもたちが、からだを使ったふれあい遊びや絵本の読み聞かせなどを楽しみました。

会場は、お父さんと子どもたちの笑顔と笑い声にあふれ、とてもにぎやかな講座になりました。

参加したお父さんたちからは、

  • 子どもとの遊びの幅が広がった
  • なかなか一緒に遊ぶ時間がないので、とてもよい機会になった

などの感想をいただきました。

セミナーの様子1セミナーの様子2

 

セミナーの様子3セミナーの様子4

 

 

とき

平成29年10月22日(日曜日)

10時30分~12時00分

ところ

唐津市子育て支援センター交流室(りんく4F・唐津市東城内)

内容

「パパをもっと楽しもう!遊ぼう・学ぼう・ふれあおう」

講師

小﨑恭弘さん(大阪教育大学教育学部准教授、NPO法人ファザーリング・ジャパン顧問)

 

講座より

父親が子育てに積極的に関わるメリット

  1. (子どもも父親も)楽しい
  2. 子どもにとって良い影響がある
    (アメリカやカナダのデータによると)
  • 情緒的に安定する
  • 知的な発達が促される
  • 社会性が向上する
  • (女児が成長する過程で)若年での妊娠が少ない
  • ドラッグ使用率が低い
  • 道徳心が育つ

 

子どもと遊ぶとき(関わるとき)大切なポイントは、子どもの目を見る、子どもと視線を合わせること(5歳くらいまでの子どもは、相手の全身ではなく表情・顔を見ている)

小学校入学前頃までの子どもは繰り返しの遊び、予想通りになる遊びが好き。

大人と子どもは面白いと思うもの(絵本)が違う。子どもと世界観を共有してほしい。

おんぶや抱っこは子どもに信頼感や安心感を与える効果がある。

運動神経は4歳くらいで約80%が出来上がる。小さいうちに体を動かすことが大切。

高低差のある遊び、バランス感覚を養う遊びで体幹を鍛える。

遊びの広さは価値観を広げる。(手先を使った遊びだけでなく)全身を使った遊びも取り入れることが大切。

 

主催者

佐賀県立男女共同参画センター「アバンセ」、唐津市

 

問い合わせ

男女共同参画室 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9239