ホーム > 暮らし > 男女共同参画 > 伝統文化の中にみる男女共同参画~能楽・雅楽・茶の湯の世界~が開催されました

ここから本文です。

更新日:2017年12月19日

伝統文化の中にみる男女共同参画~能楽・雅楽・茶の湯の世界~が開催されました

唐津市男女共同参画推進市民提案事業「伝統文化の中にみる男女共同参画~能楽・雅楽・茶の湯の世界~」が開催されました。

約40人の参加者が、能楽・雅楽・茶の湯の世界を通して、男女共同参画について考えました。

イベントの様子1イベントの様子2

イベントの様子3

 

 

とき

平成29年12月17日(日曜日)

14時~16時

ところ

埋門の館(唐津市北城内)

内容

  • 能楽・雅楽・茶の湯の披露
  • 講師によるシンポジウム

 

講師

  • 能楽

林本大(はやしもとだい)さん(能楽師観世流シテ方)

  • 雅楽

吉丸直子(よしまるなおこ)さん(川付雅楽保存会)

  • 茶道

辻智幸(つじともゆき)さん(茶道裏千家淡交会唐津青年部部長)

 

講座より

  • 能楽、雅楽、茶道に共通しているのは、長い間受け継がれてきた決まりをきちんと踏まえたうえで、そこに美しさを加えた“様式美”を表現し、お客様に非日常の世界を体験してもらうということ。
  • 能の世界では、戦後、女性の参入が進み、現在、女性能楽師は200人ほど(能楽師全体は約1,400人)
  • 能の世界では、修行に入る時点で個人をゼロにするため、男性も女性も関係ない。「男性だから…、女性だから…」ということは意識していない。
  • 男女のわけ隔てがないという点では、楽屋は能楽も雅楽も男女同室になっている。
  • 茶の湯の世界でも男女差は特に感じない。ふくさなどの茶道具で男性用、女性用に分かれているものもあるが、これは工夫であり、茶の湯の世界で役割に男女差はない。
  • 雅楽では、新しい人にも参加してもらいやすいように、ギターなどとのセッションをしたり、現代の曲を演奏したりするなど工夫している。

 

主催者

佐賀県翼の会唐津・東松浦支部

 

チャンネルからつの特集番組で放送します

この模様は、チャンネルからつの特集番組で放送します。放送日時は、決まり次第市報からつなどでお知らせします。

 

問い合わせ

男女共同参画室 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9239