ホーム > 暮らし > 男女共同参画 > 心と身体の健康セミナー(老いの受け入れ方、接し方~年齢と性別に対応したコミュニケーション~)が開催されました

ここから本文です。

更新日:2017年9月4日

心と身体の健康セミナー(老いの受け入れ方、接し方~年齢と性別に対応したコミュニケーション~)が開催されました

唐津市男女共同参画推進市民提案事業「心と身体の健康セミナー」が開催されました。

30人を超える参加者が、老いの受け入れ方、接し方をテーマに、自分の感情との向き合い方を学びました。

セミナーの様子1

セミナーの様子2

 

 

とき

平成29年8月25日(金曜日)

13時~14時55分

ところ

浜玉公民館(唐津市浜玉町浜崎)

内容

「老いの受け入れ方、接し方(年齢と性別に対応したコミュニケーション)」

講師

心理カウンセラー森脇要さん(ラクダ先生)

 

講座より

「老い」は、体力の衰えや体の不調、退職や子どもの自立、配偶者との死別など、衰えや喪失といったマイナスのイメージがある一方、思慮深さや寛容さ、人生経験、生活の知恵などプラスの面もある。

感情の面では、穏やかになる一方、老いに対する不安やおそれ、心細さなどから老いを受け入れられないといった悩みを抱える人も多い。

不安やおそれ、心細さなどの感情を溜め込まずに自然な感情として受け入れることで、悩みが軽くなり、前向きになることができる。

「男はこうあるべき、女はこうあるべき」など、「こうあるべき」という固定概念に苦しめられている人が多い。「こうあるべき」ではなく、「ありのままでいい、そのままでいい」と自分に優しい言葉をかけて、ありのままの自分(老いていく自分)と向き合うことが大切である。

 

主催者

浜玉女性ネットワーク和(なごみ)

 

問い合わせ

男女共同参画室 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9239