ホーム > 健康・福祉・子育て > 地域福祉 > 地域福祉権利擁護事業(福祉サービス利用援助事業)

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

地域福祉権利擁護事業(福祉サービス利用援助事業)

 

地域福祉権利擁護事業(福祉サービス利用援助事業)とは

判断能力に不安のある人が、どのような福祉サービスがあるのか、どのようにすればサービスを利用できるのかなど、判断に迷わず適切に福祉サービスを受けられるようにお手伝いする事業のことです。

皆さんが安心して暮らすことができるよう社会福祉協議会担当者、生活支援相談員、生活支援員などがしっかりサポートします。

利用対象者

認知症の高齢者、知的障害者、精神障害者など判断能力が不十分な人

 

サービス内容

  1. 福祉サービスの利用援助
    利用できる福祉サービスの紹介や必要な手続きをお手伝いします。
    現在利用している福祉サービスの苦情や不満の解決をお手伝いします。
  2. 日常的な金銭管理サービス
    公共料金の支払や年金の受け取りなどをお手伝いします。
  3. 書類などの預かりサービス
    貸金庫を利用して、預金通帳や年金証書などの大切な書類を保管します。

 

利用料金(生活保護世帯は無料)

ご相談や支援計画を立てるのは無料です。

計画内容に承諾し契約された後、実際にサービスを利用するときに料金が必要です。

利用時間

利用料金

1時間未満 1,200円
以降30分毎 600円づつ加算

上記のほか、交通費、手続き費用および保管料など、必要な経費は実費負担です。

 

相談受付

サービスを希望する人は、唐津市社会福祉協議会に相談してください。

本人だけでなく、家族や民生委員・児童委員、ホームヘルパー、福祉施設職員など、代理の人からの相談でもかまいません。

 

地域福祉権利擁護事業についての問い合わせ

唐津・玄海地区あんしんサポートセンター
(唐津市社会福祉協議会内)
電話番号:0955-70-2336

 

関連リンク

唐津市社会福祉協議会(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

問い合わせ

福祉総務課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9252