ホーム > 健康・福祉・子育て > 地域福祉 > 交通遺児の育成基金事業・交通遺児等支援事業について

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

交通遺児の育成基金事業・交通遺児等支援事業について

ある日、突然、自動車事故で父親あるいは母親を亡くしたり、重度の後遺障害が残ったりしたときに、長期的に生計を維持し、子どもの学費を確保していくことは容易ではありません。

 

 

財団法人交通遺児等育成基金は、そんな交通遺児などの家族の暮らしを支援するため、次の事業を行っています。

 

この事業の支援を利用したい人は、財団法人交通遺児等育成基金に申し込んでください。

交通遺児育成基金事業

交通遺児が、損害保険会社から支払われる損害賠償金などの中から、拠出金を交通遺児育成基金に払い込んで基金に加入すると、国や民間からの援助金を加えて、遺児の教育資金として満19歳に達するまで育成給付金が送金されます。

交通遺児等支援事業

自動車事故で生計を支えていた人が死亡か重度の後遺障害が残った場合に、義務教育終了前の児童がいる生活が困窮している家庭に、各種資金の給付事業などを行っています。

  • 越年資金
  • 小学校、中学校に入学する場合の入学支度金
  • 上級学校に進学、就職する場合の進学等支援金
  • 緊急時見舞金の給付事業

 

生計が困窮している家庭の児童かその扶養者が、死亡か重度の後遺障害が残った場合に緊急時見舞金を支給

  • 交通遺児などの精神的支援事業
  • その他基金の目的を達成するために必要な事業

申し込み・問い合わせ

財団法人交通遺児等育成基金
〒102-0083東京都千代田区麹町4-5海事センタービル7階
電話番号:0120-16-3611
電話番号:03-5212-4511
財団法人交通遺児等育成基金ホームページ(外部サイトへリンク)

問い合わせ

福祉総務課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9252