ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 麻しん(はしか)に注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年5月24日

麻しん(はしか)に注意しましょう!

沖縄県、福岡県などで麻しん(はしか)が発生しています

沖縄県では、平成30年3月23日に麻しん患者が発生して以降、5月20日までに、初発例を含めて99例、福岡県でも5月21日までに、16例の麻しん患者が確認されています。

現在までに、佐賀県での麻しん患者の届け出はありませんが、今後、県内での麻しん患者の患者発生も懸念されます。

麻しん(はしか)のことを知り、注意しましょう。

麻しん(はしか)について

感染経路と感染可能期間

麻しん(はしか)は、飛沫感染、接触感染、空気感染により感染します。

発症した人が周囲に感染させる期間は、症状が出現する1日前から解熱して3日後までです。

免疫を持っていない人が感染すると、ほぼ100%発症するといわれています。

潜伏期間

感染後、10~12日の潜伏期間を経て、発症します。

「修飾麻しん」の場合、潜伏期間が14日以上になることもあります。

〈修飾麻しんとは〉

麻しんに対する免疫は持っているけれども不十分な人が麻しんウイルスに感染した場合、軽症で非典型的な麻しんを発症する場合があります。

このような場合を「修飾麻しん」と呼んでいます。

例えば、潜伏期間が延長する、高熱がでない、発熱期間が短い、コプリック斑が出現しない、発疹が手足だけで全身に出ないなどです。

その感染力は弱いものの周囲の人への感染源になるので注意が必要です。

症状

カタル期

感染すると約10日後に38℃前後の発熱が2~4日間続き、咳、鼻水、結膜充血、目やになどがみられ、乳幼児では8~30%に消化器症状として下痢や腹痛を伴います。発疹出現の1~2日前頃に頬粘膜に白色の斑点(コプリック斑)が出現します。

発疹期

カタル期での発熱が1℃程度下降した後、半日くらいのうちに再び高熱(多くは39.5℃以上)が出るとともに、特有の発疹が耳の後ろ、首、顔、体、上腕、下肢の順に広がります。

発疹が全身に広がるまで、発熱(39.5℃以上)が3~4日間続きます。

回復期

発疹出現後、3~4日間続いた発熱も回復期になると解熱し、全身状態が改善し、発疹も退色していきます。

合併症…脳炎、中耳炎を合併しやすく、また、10万人に1人程度と頻度は高くないものの、麻しんウイルスに感染後、麻しんウイルスに感染後、特に学童期に亜急性硬化症全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢神経疾患を発症することがあります。

予防

麻しんは感染力が強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみでは予防はできません。麻しんワクチンの予防接種が最も有効な方法といえます。

麻しんワクチンの定期接種の対象者は、早めに予防接種を受けましょう。

麻しんワクチンの定期接種の対象者

第1期:1歳児(生後12月から生後24月に至るまでの間にある人)

第2期:小学校入学前の1年間(5歳以上7歳未満で、小学校就学の始期に達する日の前日までの間にある人)

定期接種の対象者以外の人でも、以下に該当しない人は、麻しんワクチンの接種をご検討ください。

1.母子健康手帳などで麻しんワクチンを2回以上受けた記録がある

2.過去に麻しん(はしか)にかかったことがある(検査で麻しんと診断されたことがある)

なお、定期予防接種の対象でない人は、任意接種(有料)となります。予防接種を希望される人は医療機関に問い合わせてください。

また、麻しんワクチンは妊娠している女性は接種を受けることができません。妊娠されていない場合であっても、接種後2か月程度の避妊が必要となります。

麻しんが疑われる場合の対応について

麻しん(はしか)が疑われる症状が出現した場合には、他人に感染させないよう、医療機関を受診する前に電話連絡を行い、麻しん(はしか)にかかった可能性があることを伝えた上で、受診方法(入口や受診時間)を確認してから受診してください。

参考資料

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

唐津市保健センター 

佐賀県唐津市千代田町2566番地11

電話番号:0955-75-5161

佐賀県健康福祉部健康増進課
電話:0952-25-7074
ファクス:0952-25-7268
メール:kenkouzoushin@pref.saga.lg.jp