ホーム > 市政情報 > 広聴 > パブリックコメント > ご意見への回答 > 歯と口腔の健康づくり推進計画についての意見

  • もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2017年9月12日

歯と口腔の健康づくり推進計画についての意見

意見募集結果

意見募集期間 平成29年8月1日(火曜日)から平成29年8月31日(木曜日)まで
意見提出者 1人
提出方法

窓口提出:1人

公表した案など

歯と口腔の健康づくり推進計画(案)(PDF:1,678KB)

住民からの意見

意見の趣旨 市の考え方

表記・表現について
お役所ことばの使用で文章が読みづらくなっています。「お役所言葉の使用をしない」「接続詞を多く使わない」「ホームページでアップする際は、敬意をふくんだ謙譲語、尊敬語の使用は避けて、丁寧語の使用を心がける」などに注意されると、もっとよい案になるのではと考えます。
たとえば

及び→および

並びに→ならびに

P1の5行目
連携を図りつつ→連携をしながら

9行目
基本理念を踏まえつつ→基本理念を参考にしながら

P2の13行目
そのことを十分認識する必要があります。→そのことを十分認識することが必要です。
他P4の9行目、P7の(2)二次予防の3行目、P8の15行目、P15の2行目

P4の(2)二次予防の2行目
子供→子ども

P13の(ア)特徴の1行目
進行させやすく、かつ治りにくく
「かつ」は、「で」を意味するが、この部分は使用しないでよいのでは

P13の(イ)現状と課題の3行目
う蝕(しょく)や歯周病が放置される場合が多く見られます。→う蝕や歯周病が放置される場合が多く見受けられます(見ることができます)。

P13の(イ)現状と課題の7行目
延伸にも大きく寄与する→延伸にも大きく貢献する(役立つ)

P13の(イ)現状と課題の11行目~12行目
平成24年度からほぼ横ばいの状態でまだまだ少なく
「ほぼ」を使用しているので、状態はわかる。「まだまだ」などの副詞の使用に注意しては。

P16の目標3の2行目
維持し、さらに向上させることを目指しつつ、県の→維持し、なおいっそう向上させることを目指しながら、県の

P18の16行目
団体でございます→団体です

1文が長い。163文字あるところもある。原稿用紙でいうと、約半ページである。1文を簡潔にすると読みやすくなると思う。

文章中の接続詞の使用が気になる。接続詞が多使用されているので読みづらい。たとえば、P4の3行目「すなわち」、5行目「すなわち」短文に続けて使用するのは好ましくない。ほかの接続詞「さらに」も使用が多い。接続詞の使い方に気をつけてほしい。

接続詞「しかしながら」の多使用と使い方の間違いについて
P13の(イ)現状と課題の1行目~2行目
成人期は、ほとんどの人がう蝕を有し、歯周病も多発する時期です。しかしながら、この時期は勤労者が多く、歯科検診を受けにくく、職場での歯科検診もほとんど実施されて
「しかしながら」の接続詞は、逆説の接続詞。逆説とは、前の事柄から予想される結果とは逆の結果になることを示すときに使用。論文の根幹となる転換点の時に使用。論証問題の反対説を否定する場面に用いられる。この場合、文章中で使用する接続詞としては「そのうえ」や「おまけに」「しかも」などの添加(前の事柄に後の事柄を付け加える)の接続詞ではないのか。または、前の事柄について説明をのべるのであれば「なぜなら」「というのは」が適当である。
他の部分においても「しかしながら」の使用については不適切と思われるところがあるので、修正をお願いしたい。

P10の(イ)現状と課題の3行目~4行目
唐津市の妊産婦期における歯科健診受診者数及び受診率は、平成26年度は175人で16.3%、平成27年度は283人で27.0%と少し増加したものの
受診者数が10.7つまり1年間で約2割近くアップしたとこはよいことと思われる。約2割のアップは上出来と考える。「少し」という書き方をしないでもよいのではと思うがどうか。

P19(6)災害時の歯科救急医療施設への対応2行目
歯科救急医療の需要が高まり、重要になるため
主語が抜けているため何が重要なのかわかりづらい。主語としては「歯科救急医療施設」「拠点」を入れた方がよい。

お役所言葉については、法制上の表現とせざるを得ない場合もありますが、可能な限り理解しやすい表現に改善します。
計画期間中は、社会情勢を考え、計画途中であってもPDCAサイクルに基づいての見直しを行ってほしい。 本計画の進捗状況を確認し、計画の点検および評価の結果、より適切な施策の検討や見直しを行っていきます。
地域防災計画と連動しながら、安全、円滑に治療できる場所づくりに努めてほしいと考える。 ご意見のとおり、地域防災計画と連携しながら、安全、円滑に治療できる場所づくりを進めていきます。
地域生活移行推進により、重度身体障がい者などについては、地域生活の拠点を確保することが難しいと思われる。サービス提供事業体制などの整備、地域移行の支援、地域移行定着支援などの推進と並行しての歯科治療推進が今後ひとつの課題となるのではないかと考える。 障がい者支援課および歯科医師会と協議検討していきます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

保健医療課地域医療係

佐賀県唐津市千代田町2566番地11

電話番号:0955-72-9270