唐津の元気サポートアクション 唐津市保健センター

ここから本文です。

更新日:2018年2月27日

唐津城下の散歩道

唐津城下の散歩道

距離:4キロメートル、所要時間:50分、季節:春

 

大きな地図で見る

コースの特色・季節の紹介

訪れた人が自然にくつろげる心地よい時間が流れる、城下町ならではの風情を感じるコースです。

町の息づかいや人々の暮らしを肌で感じたり、歩いてわかる「からつ発見」も楽しめます。

ウォーキング愛好者の声

町の中を歩きますので信号も多く、車に注意が必要です。

歩くだけでなく、建物・町並みを見る楽しみもあります。

日ごろ、車で通り過ぎる場所も歩いてみると、小さな発見があるかもしれませんよ。

コースの見どころ

唐わん君スタートスタート地点

唐ワン君1唐津焼の赤獅子(あかじし)

唐津焼の赤獅子

唐津駅北口正面に唐津くんちの一番山「赤獅子(あかじし)」、唐津焼で焼かれた赤獅子(あかじし)は唐津に訪れる人々を見つめています。

唐ワン君2近松寺

近松寺

三代藩主松平公墓所と六代藩主小笠原(おがさわら)公墓所がある近松寺は、浄瑠璃や歌舞伎作者として有名な、近松門左衛門の遺髪(いはつ)塚がたたずむ、臨済宗南禅寺派の寺。

建立は1539年で境内の小笠原記念館も見どころです。

唐ワン君3石垣の散歩道

石垣の散歩道入口

唐津城の西側に位置する城内地区には、唐津城をシンボルとする城址(しろあと)景観や石垣、笹垣(ささがき)、土塀(どぼり)(築地塀)など、

旧城下町のたたずまいが色濃く残っています。

唐ワン君4唐津城

唐津城と桜

平成20年、築城400年を迎えた唐津城は、寺沢志摩守広高(てらさわしまのかみひろたか)が

慶長7(1602)年から7年の歳月を費やして慶長13(1615)年に完成しました。

築城には、九州諸大名の加勢を受け、名護屋城の解体資材を使用したといわれています。

天守閣は、五層五階、地下一階で、郷土博物館、展望所などがあり、展望所からは、松浦潟(まつうらがた)の全景が一望できます。

唐ワン君5時の太鼓

時の太鼓

二ノ門堀沿いの公園にそびえる鐘楼(しょうろう)。唐津藩の絵図により、再現されたものです。

時計はからくり仕掛け時計で、午前7時から午後7時までの毎正時、太鼓の音とともに中から武士人形と大太鼓がせり出し、武士が大太鼓を打ちならし、当時がしのばれる「時」を告げます。

唐ワン君6埋門(うずめもん)の館

埋門の館

白壁の築地塀に囲まれた武家屋敷風の木造平家建で、黒松や紅葉などを植栽した日本庭園を備えた、城下町「唐津」にふさわしいたたずまいになっています。

館内には茶室、舞踊室などがあります。

唐ワン君7西の門館

西の門館

西の門館がある交差点を左に曲がります。

唐ワン君8曳山(ひきやま)展示場

曳き山展示場(市民会館)

唐津神社の秋季例大祭「唐津くんち」(毎年11月2日から4日)。その最大の呼びものが、曳山(ひきやま)行事です。

多種多様な姿勢の造形美は、稀(まれ)に見る優れた工芸品として、佐賀県の重要有形文化財に指定されています。

唐ワン君9唐津神社

唐津神社

神功皇后が新羅遠征(しんらえんせい)の安全を祈願して捧(ささ)げた宝鏡(ほうきょう)を、発見し祀(まつ)ったのが始まりと言われる古社。

唐津のまちの中心部にある唐津神社は、入口にそびえたつ白い鳥居が印象的。

建てられたのが奈良時代といわれる古い社で、住吉三神と神田宗次(こうだむねつぐ)とを祀(まつ)っています。

唐津の最大のお祭り「唐津くんち」は、唐津神社の秋季例大祭で、11月2日から4日に14台の曳山(ひきやま)が唐津のまちを練り歩きます。

唐ワン君10旧唐津銀行

旧唐津銀行1

旧唐津銀行は、日本建築史に残る唐津市出身の建築家・辰野金吾(たつのきんご)博士の弟子、田中実(たなかみのる)設計によるもので、明治45年築のヴィクトリア様式建築です。

外壁は当時最新建築材であったレンガ調タイルを使用し、重厚な仕上がり。

その優美なデザインに、唐津炭田の隆盛(りゅうせい)がしのばれます。

唐ワン君ゴールゴール地点

問い合わせ

唐津市保健センター 

佐賀県唐津市千代田町2566番地11

電話番号:0955-75-5161