ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康啓発 > インフルエンザの流行期に入りました

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

インフルエンザの流行期に入りました

佐賀県では、平成29年11月20日(月曜日)から11月26日(日曜日)の週の感染症発生動向調査で、インフルエンザの定点医療機関あたりの感染症報告数が1.58(患者報告総数60人)となり、国が流行開始の目安としている1.00を超え、インフルエンザの流行期に入りました。

例年、1月中旬から2月にかけて流行がピークに達することから、今後さらなる患者数の増加が予想されますので、次のことに留意して感染予防に努めましょう。

予防方法

  • 石けんを使ってこまめに手を洗いましょう。
  • 日頃から、十分な栄養をとり、規則正しい生活を心がけましょう。
  • 周囲でインフルエンザの流行がみられるときは、特に注意し、毎日の体温測定など健康観察を行い、早期発見に努めましょう。
  • できるだけ人混みを避けましょう。
  • インフルエンザの予防接種は、発症予防もしくは重症化予防に有効とされています。希望される場合は、医療機関に相談してください。

感染したと思われる場合

  • 早めに医療機関を受診しましょう。症状が出てから48時間以上経過すると、ウイルスが増えすぎて薬が効かなくなる場合がありますので注意しましょう。
  • 咳(せき)があるときは、マスクを着用しましょう。特に医療機関を受診する際は、ほかの患者への感染防止のため、必ずマスクを着用してください。
  • 外出を控え、医師の指示に従い療養しましょう。

問い合わせ

唐津市保健センター 

佐賀県唐津市千代田町2566番地11

電話番号:0955-75-5161