ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 健康啓発 > 熱中症を予防しましょう

ここから本文です。

更新日:2018年7月19日

熱中症を予防しましょう

熱中症は、気温の高い日中に、屋外での作業やスポーツをする人に多く発症する傾向にありましたが、最近は、室内や夜間、安静時にも発症するなどの事例が起きています。

熱中症とは

体温並みの気温の中で、汗をかいて体の水分が少なくなることで、熱が体にこもった状態をいいます。

熱中症のサイン

軽症

めまい、たちくらみ、筋肉のこわばり、汗がとまらない、手や口のしびれ、脈が速い、顔色が悪い

中等症

頭ががんがんする、吐き気、嘔吐(おうと)、体がだるい、虚脱感

重症

全身けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない、顔が赤い、ぐったりしている、意識がない(もっとも重症な状態です)

熱中症にならないために

熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です

  • 暑さの感じ方、暑さに対する抵抗力は個人によって違います。日頃から暑さに負けない体をつくりましょう。
  • 高齢の皆さんは特に注意が必要です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が若い人と比べて低く、暑さに対する体の調節機能も低下しています。のどが乾きを感じていなくてもこまめに水分補給をしましょう。
  • 部屋の温度は28℃、湿度が70%超えないことが目安です。扇風機やエアコン、すだれなどを使って調節しましょう。節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないように注意してください。

熱中症が疑われる人をみかけたら・・・

  1. 涼しい場所に避難する。風通しのよい日陰、できればクーラーの効いている室内に避難させましょう。
  2. 衣服を脱がせ、身体を冷やす。太い血管のある首、わきの下、太もものつけ根や股関節を氷のうや保冷剤などで冷やす。体の冷却はできるだけ早く行う必要があります。
  3. 水分・塩分を補給する。冷たい水を持たせて、自分で飲んでもらいます。冷たい飲み物は胃の表面から体の熱を奪うので、脱水の症状も和らぎます。大量に汗をかいている場合は汗で失われた塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンクなどが最適です。水1リットルに1~2グラムの食塩水も有効です。
  4. 医療機関へ搬送する。自分で水分の摂取ができないときは、点滴する必要があるので、すぐに医療機関に搬送することが最優先です。119番へ連絡し医師の診察を早急に受けさせましょう。

関連サイト

 

問い合わせ

唐津市保健センター 

佐賀県唐津市千代田町2566番地11

電話番号:0955-75-5161