ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 唐津市内で麻しん(はしか)患者が発生しました~麻しんと思ったら事前に医療機関へ連絡して受診してください~

ここから本文です。

更新日:2019年5月17日

唐津市内で麻しん(はしか)患者が発生しました~麻しんと思ったら事前に医療機関へ連絡して受診してください~

麻しんの患者発生が3例ありましたので、お知らせします

麻しんは非常に感染力が強いので、麻しんを疑う症状が現れた場合は、必ず事前に医療機関に電話連絡でその旨を伝え、医療機関の指示に従い受診してください。なお、受診の際は、周囲への感染を防ぐため公共交通機関の利用は控えてください。

また、麻しんの予防にはワクチン接種が最も有効です。

定期の予防接種は早めに受け、2回接種していない人は医療機関に相談し接種を検討しましょう。

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第3条及び第4条において求められているように、患者の人権尊重にはご配慮、ご理解いただきますようお願いします。

1市民の皆さんへ

麻しんは、感染すると約10日~12日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39度以上の高熱と発疹(ほっしん)が出現します。

肺炎、中耳炎を合併しやすく、脳炎を発症することもあります。

気になる症状があったら、事前に医療機関に連絡してから受診していただきますようお願いします。

また、麻しんの定期の予防接種(第1期:1歳、第2期:小学校入学前)がまだの人は早めに予防接種を受けましょう。

2医療機関の皆さんへ

発熱や発疹の症状がある患者が受診した際は、麻しんの予防接種歴や渡航歴の確認、国内の麻しん発生地への行動歴の確認など、麻しんを意識した診療をお願いします。

麻しんを疑う患者を診察した際は、個室管理を行うなど、麻しんの感染力の強さを踏まえた院内感染対策を実施してください。

臨床症状などから麻しんと診断した場合は、直ちに最寄りの保健福祉事務所に届け出を行うとともに速やかに連絡してください。

名称(管轄市町)

電話番号

唐津保健福祉事務所(唐津市・玄海町)

(0955)73-4186

3届け出患者の概要

  • 1例目

診断名

修飾(しゅうしょく)麻しん(注)
患者 38歳女性(唐津市在住)
発症日 5月12日(日曜日)
届け出日 5月17日(金曜日)
症状 発熱、発疹
発生の経緯

5月15日(水曜日)、唐津市内の医療機関から唐津保健福祉事務所に、風しん疑いの患者発生の連絡があり、同事務所による調査の結果、5月16日(木曜日)に麻しんウイルス陽性が判明。

患者の経過、行動など

5月11日(土曜日)2例目の野球試合送迎。唐津市内の園芸店(14時20分から16時40分)およびショッピングセンター(15時から17時50分)で買い物。患者親族宅(佐賀県内)訪問。

  • 麻しんウイルスの空気中の生存期間は2時間以下とされているため、患者の施設滞在時間にウイルスの生存期間の2時間を加味した時間帯です。

5月12日(日曜日)発熱(38度台)、解熱剤を服薬し、解熱後出勤。バレーの練習に参加。

5月13日(月曜日)発熱(38度台)、解熱剤を服薬し、解熱後出勤。バレーの練習に参加。

5月14日(火曜日)出勤。夕方ごろ、顔面に発疹出現。

5月15日(水曜日)発疹あり、唐津市内の医療機関を受診。風しんを疑い、風しんおよび麻しんの検査を実施。

5月16日(木曜日)麻しんウイルス陽性が判明。

 

  • 2例目
診断名 修飾麻しん
患者 13歳男性(唐津市在住)
発症日 5月14日(火曜日)
届け出日 5月17日(金曜日)
症状 発熱、発疹
発生の経緯 5月15日(水曜日)、唐津市内の医療機関から唐津保健福祉事務所に、風しん疑いの患者発生の連絡があり、同事務所による調査の結果、5月16日(木曜日)に麻しんウイルス陽性が判明。
患者の経過、行動など

5月13日(月曜日)登校。

5月14日(火曜日)登校。帰宅後、発熱(37度台)、発疹。

5月15日(水曜日)学校欠席。発疹あり、唐津市内の医療機関を受診。風しんを疑い、風しんおよび麻しんの検査を実施。

5月16日(木曜日)麻しんウイルス陽性が判明。

 

  • 3例目
診断名 修飾麻しん
患者 10歳男性(唐津市在住)
発症日 5月12日(日曜日)
届け出日 5月17日(金曜日)

症状

発熱、発疹
発生の経緯 5月15日(水曜日)、唐津市内の医療機関から唐津保健福祉事務所に、風しん疑いの患者発生の連絡があり、同事務所による調査の結果、5月16日(木曜日)に麻しんウイルス陽性が判明。
患者の経過、行動など

5月11日(土曜日)野球の練習参加。

5月12日(日曜日)子どもクラブの行事参加。昼ごろから発熱(38度台)、頭痛。

5月13日(月曜日)学校欠席。発熱あり、唐津市内の医療機関を受診。昼頃から口周囲に発疹出現。

5月14日(火曜日)学校欠席。発熱(37度台)、体幹部にも発疹が出現。

5月15日(水曜日)学校欠席。発疹あり、唐津市内の医療機関を受診。風しんを疑い、風疹および麻しんの検査を実施。

5月16日(木曜日)麻しんウイルス陽性が判明。

  • 1例目から3例目は、同居家族です。
  • 1例目から3例目は、ベトナムからの一時帰国後に「発熱」「発疹」「咳」「下痢」の症状を呈していた家族との接触がありました。
  • (注)麻しんに対する免疫は持っているが不十分な人が麻しんウイルスに感染した場合、軽症で非典型的な麻しんを発症することがあり、「修飾麻しん」と呼ばれます。潜伏期が延長する、高熱が出ない、発熱期間が短いなどがあり、通常の麻しんに比べ感染力は弱いといわれています。

4関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

保健医療課 

佐賀県唐津市二タ子1丁目5番1号(唐津赤十字病院跡)/唐津市健康サポートセンター「さんて」内

電話番号:0955-75-5161

佐賀県健康増進課 感染症対策担当
電話番号:0952-25-7075

唐津保健福祉事務所 健康推進課
電話番号:0955-73-4186