ホーム > 健康・福祉・子育て > 妊娠・出産・育児 > 不妊 > 不妊治療費を助成します

ここから本文です。

更新日:2015年4月3日

不妊治療費を助成します

唐津市では、不妊で悩む夫婦の経済的負担を軽くするため、不妊治療費を助成しています。

助成を受給できる人

婚姻中の夫婦で、不妊治療が終了した日の時点で、夫婦のどちらかが1年以上唐津市住民登録がある人

助成対象になる不妊治療の内容

  1. 体外受精・胚移植
  2. 顕微授精・胚移植
  3. 配偶子卵管内移植
  4. 接合子卵管内移植
  5. 凍結胚移植

助成対象の病院

この助成の対象になる病院は、(公社)日本産科婦人科学会に登録されている医療機関です。詳しくは、次のとおりです。

助成額助成対象の治療費から、佐賀県などほかの助成を受けている額を控除した額と10万円を比較して少ない方の額を助成します。

治療が終了した日が属する年度内(4月~翌年3月)で、上限10万円までです。

助成を受けられる期間

通算して5年度まで

申請方法

不妊治療支援事業助成金交付申請書に必要事項を記入し、必要な書類を添えて唐津市保健センターに申請してください。

申請に必要なもの

この申請書は必ず両面印刷してください。両面印刷できない人は、唐津市保健センターで準備している様式を使用してください。

夫婦が別世帯のときは、夫と妻それぞれの住民票の写し(続柄の記載があるもの)と戸籍の全部事項証明書(謄本)が必要です。

申請先

唐津市保健センター(千代田町)

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

唐津市保健センター 

佐賀県唐津市千代田町2566番地11

電話番号:0955-75-5161