ホーム > 暮らし > 定住促進 > UJIターン支援情報 > 空き家の改修費を補助します

ここから本文です。

更新日:2018年7月20日

空き家の改修費を補助します

市内にある空き家を有効活用し定住促進を図るため、唐津市空き家バンク制度に登録された物件の改修を行う人に対して、次のとおり補助します。

空き家バンク制度の物件はこちら↓

bana(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

補助対象者

空き家バンク制度を利用して、契約が成立した人で次のいずれかに該当する人

  • 唐津市空き家バンク制度に家屋を登録した人で、入居者か入居予定者が決定している人
  • 唐津市空き家バンク制度に登録された物件を借り受けた人で、家き屋の登録者から書面で同意を得た人
  • 唐津市空き家バンク制度に登録された物件を購入した人
補助対象外
  • 市税、水道料金などに滞納がある人
  • 唐津市空き家バンク制度以外で成約した人
  • 3親等以内の親族間において成約した人
  • 平成30年4月1日以降に唐津市空き家バンク制度で成約し、成約後6か月が経過した人
補助金の返還対象
  • 補助金の交付を受けた日から起算して5年未満に、改修などをした空き家を取り壊し、売却、退去したとき
  • 虚偽の申請などにより不正に補助金の交付をうけたとき
  • 要綱などに違反していることが認められたとき

補助対象経費

次に掲げる経費で、補助対象事業を施工業者などが施工する場合は、市内に本店、支店、営業所などを有する法人と個人事業者に限ります。

  • 空き家の改修費(台所、浴室、便所、洗面所などの内装、屋根、外壁など)
  • 空き家を利用するための不要物の撤去費用

詳しくは問い合わせてください。

補助額

補助額は次によって算出した額で、1,000円未満は切り捨てます。

  • 空き家の改修経費に要した経費の2分の1に相当する額で、50万円が上限です。
  • 不要物の撤去に要した経費の2分の1に相当する額で、5万円が上限です。

提出書類

【フラット35】地域活性化型について

平成29年9月15日に独立行政法人住宅金融支援機構と相互協力に関する協定を締結しました。

唐津市空き家改修事業補助金を受け、かつ、住宅金融支援機構の【フラット35】の融資を受ける際、【フラット35】の金利が引き下げられる場合があります。

問い合わせ

移住・定住促進課 

唐津市南城内1番1号

電話番号:0955-53-7149