ホーム > 教育・文化・スポーツ > レジャー・スポーツ > 7月22日に唐津城天守閣がリニューアルオープンしました!

ここから本文です。

更新日:2017年7月22日

7月22日に唐津城天守閣がリニューアルオープンしました!

平成28年10月から展示改修工事のため休館していた唐津城天守閣がリニューアルオープンしました。

地階ェルカムフロア 1階光案内・体験フロア
2階津の歴史フロア 3階津焼フロア
4階流・休憩フロア 5階望フロア

リニューアルオープン日

  • 平成29年7月22日(土曜日)

ココが変わる唐津城の展示!3つのポイント

  1. 温湿度管理に適し、鑑賞性に優れた展示ケースを導入し、豊臣秀吉の朱印状や中世から唐津藩政時代の刀剣、甲冑(かっちゅう)、古文書など唐津市で所蔵している貴重な資料を展示します。
  2. AR(拡張現実)やデジタルサイネージ(電子看板)を活用し、唐津城を拠点とした唐津市内の魅力ある観光地や観光ルートを紹介し、唐津城以外の観光文化施設や食事処、おみやげ処も紹介します。
  3. ユニバーサルデザインについても積極的に導入します。可搬型階段昇降機の設置や館内の多言語対応したサイン、わかりやすい館内導線、文字が見やすく鑑賞性を重視した展示、全ての年齢、障がいの有無などに関わらず、訪れた全ての人がモノ・情報・空間を体験でき、楽しみ、学習していただけるよう改修することで、全国でも主流となりつつあるバリアフリー観光による集客増加を目指しています。

唐津城地階ェルカムフロア(無料)

地階イメージ図

  • 館内地階、1階は無料。どなたでも入館できます。
  • 唐津城の地階(穴倉)に新しく入場口を設け、石垣のトンネルが入館者を迎えます。
  • 可搬型階段昇降機により、車椅子利用の人も城内を自由に見学できます。

唐津城1階光案内・体験フロア(無料)

1階イメージ図

  • 館内地階、1階は無料。どなたでも入館できます。
  • デジタルサイネージを活用し、唐津城を拠点とした唐津市内の魅力ある観光地や観光ルートを紹介し、唐津城以外の観光文化施設や食事処、おみやげ処も紹介します。
  • 新たにトイレと授乳室を設置。多目的トイレは、乳幼児の対応やオストメイトなど装備が充実しています。
  • 体験コーナーでは、豊臣秀吉の兜や小笠原長行の兜などの衣装を着用したり、デジタル記念撮影コーナーで記念の撮影もできます。
  • 館内に無料Wi-Fiスポットを整備し、入館者が気軽にインターネットを利用できます。
  • 1階から3階まで空調設備を整備しました。
  • 耐震壁・鉄骨ブレースの補強により耐震性能が向上しています。

唐津城2階津の歴史フロア(有料)

2階イメージ図1

2階イメージ図2

  • 海の武士団、松浦党の時代から唐津藩の歴代藩主の活躍や歴史をグラフィックやパネルを利用し、よりわかりやすく紹介します。
  • 展示内容が一新され、甲冑や肥前刀、豊臣秀吉が朝鮮出兵時に寺沢広高に宛てた朱印状など、貴重な資料を初公開します。もちろん、唐ワンくんでおなじみの小笠原長行の兜も展示します。
  • 五感で学ぶ参加体験型展示は、石垣積みや石割を触れながら体験することができます。
  • 映像コーナー「唐津藩主物語」は、市民参加による唐津市内オールロケ!
  • スマートフォンを利用した展示解説は、展示資料にスマートフォンを向けると動画や解説が流れます。ダウンロードすることも可能で、英語版に切り替えることもできます。

唐津城3階津焼フロア(有料)

3階イメージ図1

3階イメージ図2

  • 江戸時代の唐津の産業を色彩画を添えて紹介している「肥前国産物図考」が100インチプロジェクターで映し出されます。画像は、拡大や縮小、スクロールが可能で、一部アニメーションによる仕掛けがあります。
  • 中里家からご寄贈いただいた唐津焼をわかりやすい解説とともに展示。茶室の空間も再現されます。

唐津城4階流・休憩フロア(有料)

  • 唐津の魅力を紹介する市民ギャラリーや休憩・交流スペースを設けた城内でくつろげる空間です。

唐津城5階望フロア(有料)

  • 人気の展望所は、海に面した絶景のビューポイント!
  • スマートフォンを利用したARパノラマビューは、展望所からの景観にスマートフォンを向けると観光名所の案内や唐津城からの所要時間、解説動画が流れます。

apri

開館時間や入場料など詳しくは、唐津城のページをご覧ください。

問い合わせ

観光課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9127