ホーム > まち・環境 > 住まい > 住宅耐震診断臨時補助金

ここから本文です。

更新日:2017年6月2日

住宅耐震診断臨時補助金

唐津市では、熊本地震で多くの古い住宅が被害を受けたことから、佐賀県と協⼒して、住宅の耐震診断補助制度を臨時的に拡充しています。(平成30年度まで)

耐震診断を実施する前に、事前の申請が必要です。

交付決定前に耐震診断をしている場合は、申し込みできませんので注意してください。

対象者

次の1と2にあてはまる人

  1. 住宅の所有者か所有者の代わりに耐震診断の経費を負担する親族
  2. 市税を滞納していないこと。

臨時補助の対象になる建築物

自らが居住する個人所有の住宅で、昭和56年5月31日以前に着工されたもの

(借家および店舗などとの併用住宅または兼用住宅は臨時補助の対象外です)

耐震診断を行う業者の条件

  • 木造住宅は、佐賀県木造住宅耐震診断登録建築士
  • 非木造住宅は、建築士事務所に所属する建築士

補助金額

戸建住宅耐震診断

木造戸建住宅耐震診断経費

 

  耐震診断費用 補助率 個人負担額
現況図面がある場合 6万円 6分の5 1万円
現況図面がない場合 9万円 6分の5 1万5千円

非木造戸建住宅耐震診断経費

市が認める補助対象経費の6分の5以内の額で、上限補助対象金額は13万4,000円です。

長屋及び共同住宅耐震診断

市が認める補助対象経費の6分の5以内の額。補助対象経費は、建物の床面積などにより算出します。

詳しい情報は、要綱をご覧ください。

 

 

申請方法

この制度を活用しようと考えている人は、事前に建築住宅課に相談してください。

事前相談後、制度の要件などにあてはまることを確認してから、申請を行ってください。

参考資料

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

建築住宅課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9139