ホーム > 市政情報 > 寄付 > ふるさと寄附金の活用事業紹介 > 平成28年度ふるさと寄附金の活用事業紹介

ここから本文です。

更新日:2017年9月12日

平成28年度ふるさと寄附金の活用事業紹介

2016年度(平成28年度)

ふるさとの自然環境を保護する事業

虹の松原の再生・保全活動を支援しました

28nijimatsu

ふるさと寄附金の充当金額6,200,000円

【活用事業:虹の松原再生・保全事業費】

虹の松原の再生・保全活動に取り組むため、その活動を推進する団体を支援するもの。

【事業内容】

虹の松原の再生・保全活動を実施している虹の松原保護対策協議会に対して負担金を交付し、活動を支援するとともに、協議会の一員としても活動に取り組みました。

松原再生・保全のPR活動、枯れ枝の搬出処分、松の補植林や過密林の伐採など

【担当】

虹の松原室

ふるさとの文化遺産を保存・整備する事業

14番曳山「七宝丸」の修復に取り組みました

28shitihoumaru

ふるさと寄附金の充当金額10,680,000円

【活用事業:曳山保存修理補助金】

「唐津曳山」の修復を実施し、民俗文化財の保存を図るもの。

【事業内容】

唐津曳山の14番曳山「七宝丸」の保存修復2カ年計画の2年目で、本体は漆塗り、金箔(きんぱく)貼りなど、台車は車輪、芯木などの木部を中心とした修復を行いました。

【担当】

生涯学習文化財課

唐津城の石垣修復に取り組みました

28ishigaki

ふるさと寄附金の充当金額4,000,000円

【活用事業:唐津城石垣再築整備2期(1工区)事業費(継続費2年度分)】

唐津城の石垣を保存し、唐津城を後世に受け継いでいくもの。

【事業内容】

唐津市のシンボルである唐津城の石垣の一部が、経年により、緩みなどが生じて危険な箇所が出てきたことから、石垣の文化的価値を損なわないような工法による積み直し工事を行いました。

石垣解体・修復・復元、文化財の発掘調査

【担当】

まちづくり課

唐津城天守閣のリニューアルに取り組みました

28tensyukaku

ふるさと寄附金の充当金額5,896,800円

【活用事業:唐津城天守閣改修費(継続費初年度分)】

唐津城天守閣の展示場のリニューアルに取り組みました。。

【事業内容】

唐津城の開館50年を機に、唐津観光のシンボルである唐津城天守閣の改修工事を始めました(2カ年計画)。

【担当】

観光課

そのほか(市の発展に寄与する事業)

青少年の音楽活動を支援しました

28junior

ふるさと寄附金の充当金額1,000,000円

【活用事業:唐津市青少年音楽活動育成支援事業補助金(文化振興費)】

青少年の音楽活動を支援し、地域の音楽文化の発展と青少年の健全育成を図るもの。

【事業内容】

音育エイドやキッズバンドLIVEなどの開催に対して補助を行いました。また、青少年の音楽活動を支援しました。

音育エイド:入場者約400人、キッズバンドLIVEの開催:23事業

わくわくリズムワークショップ:参加6人、Do-ingLive開催:参加180人

音楽活動への支援、練習スタジオ提供など:利用者53人

【担当】

文化振興課

小学生の社会科郷土学習を支援しました

28kirameku

ふるさと寄附金の充当金額180,000円

【活用事業:きらめく郷土・唐津学習事業】

小学校3・4年生が、社会科郷土学習の一環として、市内の自然や公共施設などを見学し、自分たちの住む「からつ」を知り、「からつ」を愛する心を育むためのサポートをするもの。

【事業内容】

小学校から見学先までの子どもたちの移動手段として、バスを借り上げました。

  • 実施数:33校
  • 参加児童数:1,173人

【担当】

学校支援課

がんの早期発見のため検診活動を推進しました

28gankenshin

ふるさと寄附金の充当金額22,529,835円

【活用事業:がん検診事業】

がんの早期発見と市民の健康保持および増進のため、検診事業を実施しました。

【事業内容】

がん検診を実施しました(肺がん・胃がん・大腸がん/40歳以上、子宮がん/20歳以上の女性、乳がん/40歳以上の女性、前立腺がん/50歳以上の男性)。

  • 肺がん検診受診者:9,008人
  • 胃がん検診受診者:5,490人
  • 大腸がん検診受診者:8,937人
  • 子宮がん検診受診者:8,774人
  • 乳がん検診受診者:3,472人

【担当】

保健医療課

絵本を通じて、赤ちゃんに笑顔を届けました

28bookstart

ふるさと寄附金の充当金額1,401,312円

【活用事業:ブックスタート事業費】

赤ちゃんと保護者がゆっくりと向き合い、心ふれ合うひとときを持つきっかけ作りとして絵本をプレゼントし、子どもの読書の推進と地域の子育てを応援するもの。

【事業内容】

近代図書館子どもコーナーでの「ぴよぴよおはなし会」や保健センターなどでの乳幼児相談のときなどに、絵本1冊と布バックをプレゼントしました。また、赤ちゃんに読み聞かせをすることの大切さと絵本の選び方についての講演会を行いました。

  • 絵本の配布率:約79%
  • 講演会の参加者:約32人

【担当】

近代図書館

唐津くんちの曳山行事がユネスコ無形文化遺産になったことをPRしました

28yunesuko

ふるさと寄附金の充当金額4,576,000円

【活用事業:観光地域づくり事業費】

唐津への観光客の誘客を図るため、「唐津くんちの曳山行事」がユネスコ無形文化遺産に登録決定したことを広くPRするもの。

【事業内容】

登録記念宣伝ツールを作成しました。

ポスター1,000枚、のぼり旗300本、タペストリー11枚、手ぬぐい1,500枚、コットンバッグ800個

JR九州主要駅にポスターを掲示しました。

福岡、北九州、長崎、熊本、鹿児島等:53駅

博多駅筑紫口ビジョンを活用したPRを実施しました。

30秒PR映像、1日720回、7日間実施

【担当】

観光課

大林宣彦監督による唐津映画製作を支援しました

ふるさと寄附金の充当金額89,282,000円

【活用事業:唐津映画「花かたみ」製作費補助金】

唐津の文化や風景を映像として受け継ぐとともに、文化都市としての唐津の魅力の発信や認知度向上、観光客の増加による地域振興等を図るもの。

【事業内容】

大林宣彦監督によるオール唐津ロケの映画「花かたみ」の製作を支援するため、補助を行いました。

  • 準備期間:約330日(2015年9月~2016年7月)
  • 撮影期間:53日(2015年11月、2016年8月25日~10月16日)
  • スタッフ:約45人、キャスト:約25人、エキストラ:約800人、曳子エキストラ:約1,200人

【担当】

文化振興課

問い合わせ

企画政策課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9115