ここから本文です。

更新日:2016年10月11日

移住者体験談

 観光で七山の魅力に惹きつけられた

本藤さん

七山在住
本藤之さん(東京都出身)

唐津市七山白木。辺り一面に緑に覆われた地区に、漆喰で太陽の光が白く反射する目立った家がある。ここが本藤さんの住まい。手作り感と職人感が入り交じった素敵な住まいである。それもそのはず、そのほとんどは自ら手をかけて造られたとのこと。もちろん、自分だけではできない....

記事を読む

福岡へ通える範囲の村・七山で念願の田舎暮らしをスタート

下川さんの写真

七山在住
下川也さん(福岡県出身)・郁さん(佐賀県出身)

唐津市七山は合併前までは七山「村」として知られた、唐津を代表する田舎だ。文字どおり周囲を七つの山々で囲まれたのどかな山村だが、美しい渓谷や滝、農産物直売所や温泉などが観光客を引きつけ、休日にはドライブで福岡などから訪れる人も多い....

記事を読む

明るい奥様と、のんびりペースのご主人早くも唐津の風景になりつつあるふたりのお店

久野さんの写真

唐津市北城内在住
久野樹さん(鹿児島県出身)・美可子さん(唐津市出身)

唐津市北城内の大通りに面した一角に、最近オープンしたパンとカフェの店「9(ヌフ)」がある。白を基調にしたお店はモダンで清潔感があり、フランスのカフェのような雰囲気だ。店内には焼きたてのパンが並び、コーヒーの香りが漂ってくる。店の奥はカフェ・スペースになっていて、パンやドリンクのほか、食事も楽しむことができる....

記事を読む

Jターンで唐津に開店して16年すっかり町の一員となった美容室のオーナー

袈裟丸さんの写真

唐津市魚屋町在住
袈裟丸さん(唐津市出身)

唐津市魚屋町にある小さな美容室「WEED(ウィード)」。木目材と白い壁でまとめられたシンプルなこのお店のオーナーは袈裟丸幸さん。現在の唐津市鎮西町、合併前は東松浦郡鎮西町だった町の出身だ....

記事を読む

先進のリハビリ技術を身に付け、唐津に戻って地域の医療に貢献

水戸さんの写真

唐津市和多田在住
水戸寛さん(唐津市出身)・友美さん(北海道出身)

水戸隆寛さん、友美さん、歌乃ちゃんの3人家族は、現在唐津市和多田に住んで3年弱。隆寛さんは唐津市内出身、友美さんは札幌の生まれで、それぞれUターン、Jターンのご夫婦だ....

記事を読む

ビッグウェーブに魅(ひ)かれて関東から唐津へーファーが開いた山の蕎麦屋

大木さんの写真

七山在住
大木朗さん(関東出身)

唐津市七山で第一の観光スポット「観音の滝」の入口に、小さなお蕎麦屋さんがある。入ると「いらっしゃい」と気さくな笑顔で答えるご主人が、この店を営む大木さんだ。日焼けした肌に大きな眼、彫りの深いお顔にヒゲがよく似合う....

記事を読む

モノづくり文化が高い佐賀県でまともな物を作り続けていきたい

田部さんの写真

唐津市東唐津在住
田部雄さん(島根県出身)

唐津市七山の中心部から少し離れた場所、糸島へと向かう道の途中に、よく目立つ黄色い建物のハム・ソーセージ店「燻や」がある。この店のオーナーが田部英雄さん。職人のイメージから気難しい感じの人かと思いきや、ユーモアを交えながら気さくに取材に応じてくださった....

記事を読む

唐津の山里に移り住んで18年、自然の中で唐津焼と向き合う女性作家

府川さんの写真

七山在住
府川泉さん(富山県出身)

府川和泉さんが工房を構えている場所は唐津市七山地区の山あい。ひと昔前は「信号機がない村」として知られたのどかな山村だ(※現在は一基設置)。直売所や温泉施設があるので週末は都市部からの観光客でにぎわうエリアだが、平日は中心部でさえ人通りは少ない....

記事を読む

「経験が無くても頑張ればできる」夫婦でアワビやカキの養殖に成功

久保居さんの写真

鎮西町在住
久保居一さん・多嘉子さん(東京から移住)

久保居さん夫婦が東京から旧・鎮西町(現在は唐津市)にやって来たのは、バブル期が始まろうとしていた1986年のこと。諸般の事情から、当時二人で一緒に働いていた幼稚園の先生を辞め、鎮西町にある多嘉子さんの地元に住むことになった....

記事を読む

なりゆきで始めた農業から、目指すは1万坪の果樹園の再生

日芳さんの写真

肥前町在住
日芳彦さん(福岡県から移住)

「来た人は誰も褒めません。みんなあきれて帰りますよ。」と言って笑う日芳さんは国家公務員を定年退職後、約2年前に、奥さんを残して福岡から唐津市肥前町にやってきた....

記事を読む

暮らしやすさを求めて来た町で、地域を元気にする存在に

林さんの写真

呼子町在住
紀さん(広島県出身)

康紀さんは広島県廿日市市の出身。油絵を学ぶために福岡の大学へ進学したが、アルバイトで接した飲食店が楽しくなり、卒業後も福岡や関西の飲食店で働いた。やがて勤め先で知り合ったかおるさんと結婚....

記事を読む

「みんなをもっと健康で元気にしたい」人気のフィットネス教室を主催する双子のママ

上妻さんの写真

浜玉町在住
上妻子さん(鹿児島県出身)

上妻さんは鹿児島県の薩摩川内市出身。大阪や薩摩川内市内のフィットネスクラブでエアロビクスなどのスポーツインストラクターとして働いた後、2007年の8月に、唐津市の東端に位置する浜玉町にやってきた...

記事を読む

「退職後はゆっくりと暮らしたい」と移り住んだ場所で広がってきた友人の輪

稲木さんの写真

浜玉町在住
稲木さん・やす惠さん(福岡県から移住)

福岡県大野城市で機械メンテナンスの会社を経営していた稲木さんは、弟さんに会社を譲った後、5年前に奥さん、息子さんと一緒に唐津市浜玉町の砂子に引っ越して来た...

記事を読む

前向きに生き生きと暮らしながら地元に愛される石材店を目指す

穴吹さんの写真

浜玉町在住
穴吹美さん(香川県出身)

穴吹昌美さんがご主人の茂雄さんとともに、生まれ育った四国の高松市から唐津にやってきたのは今から24年前のこと。高松で石材店を営んでいた昌美さんの父親が浜玉町で採れる良質の石材に目をつけ、それを採掘するための支店長として穴吹さん夫婦が赴任したという....

記事を読む

東京や海外で学んだ経験を生かし、唐津のまちを元気にするため日々奔走中

甲斐田さんの写真

鏡在住
甲斐田子さん(唐津市出身)

甲斐田さんが本格的に唐津に移住しようと決めたのは2011年春のこと。数年前から唐津で暮らす親の事情で一時帰省のつもりで東京と唐津を行き来する生活だったが、すでに結婚して長男も生まれているなか、東京での子育てに疑問を抱いていた....

記事を読む

不思議な縁に導かれ、音楽家が出会った約束の地

川上さんの写真

肥前町在住
川上さん(島根県出身)

妻である康江さんの故郷であった唐津市肥前町を訪れる機会があり、海と丘がおりなす自然の風景、そして地元の方のおおらかな人間性にすっかり魅せられてしまった。それまで定年後は島根に戻ろうかとも考えていた川上さんだったが、環境の良さと康江さんの実家に近いことから唐津への移住を決意....

記事を読む

女性がつくったカフェから生まれる商店街に吹く新しい風

進藤さんの写真

神田在住
進藤子さん(京都府出身)

進藤さんはもともと京都の生まれ。7歳から20歳までは横浜で暮らし、結婚を機に唐津へとやってきた。唐津では家事や仕事に追われる毎日を過ごしたが、気がつくと人生で最も長く住んだまちになっていた。やがて子育てもひと段落した頃、個人的に周囲の環境が変わったこともあり、自立して起業することを決意....

記事を読む

ここから人生の再スタート、青年経営者が目指す大きな夢

満生さんの写真

新興町在住
満生一さん(福岡市出身)

憲一さんは福岡市博多区出身の「博多っ子」。唐津に来る前は求人情報誌の会社に約10年間勤めていたが、会社の方針と自分の志向が合わなくなってきたことに加え、大阪転勤を打診されたことが重なり「そろそろサラリーマンに見切りをつけよう」と考えていたところ、仕事で出会った唐津の実業家に声をかけられ、ラーメン店の経営に携わることになった....

記事を読む

 

問い合わせ

企画政策課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9115