ホーム > 暮らし > 定住促進 > UJIターン支援情報 > 移住者体験談 > 移住者体験談>上妻智子さん

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

移住者体験談>上妻智子さん

「みんなをもっと健康で元気にしたい」人気のフィットネス教室を主催する双子のママ

  • 上妻智子さん
    フィットネス・インストラクター/唐津市浜玉町在住

夫の転勤で来た唐津でフィットネス教室を開業

フィットネス教室の様子

上妻さんは鹿児島県の薩摩川内市出身。大阪や薩摩川内市内のフィットネスクラブでエアロビクスなどのスポーツインストラクターとして働いた後、2007年の8月に、唐津市の東端に位置する浜玉町にやってきた。きっかけはご主人の転勤だったが、今ではすっかり唐津が気に入ったという。
「まず自然がいいですね。虹の松原も鏡山もキレイだし、よくジョギングをするんですが、浜崎海岸なんか走っているととても気持ちいい。海もあるし山もある、目の届く範囲になんでもあるって感じ。それに九州一の大都会・福岡にも近いし、大分や長崎などの観光地にも2時間で行ける。人も人情味があって温かいですし、唐津くんちで培われた文化なのか、人が来ることを喜ばれる雰囲気があります。地域の方にもすごく良くしていただいてて、ずっといたいと思う場所です。」と上妻さん。
唐津市では企業に属さず、経験を生かして独立。個人でヨガとピラティス(体幹の深層筋をゆるやかに鍛えるエクササイズ)の教室を立ち上げ、3年目となる今では唐津や福岡のスポーツクラブのほか、唐津市内各地の公民館でレッスンを行うまでになり、毎日唐津市内や福岡市までを飛び回る日々を送っている。
そんな中、2009年夏に双子の赤ちゃんを出産。慣れない土地で初めての子育てに、さぞ戸惑っているかと思いきや、「地域の方々に支えられたおかげで、大変だと思った双子の子育てを楽しんでいます」と意外な答えが返ってきた。

市の託児システムを活用し、仕事と子育てを両立

上妻さん

唐津市には子育て支援情報センター(外部サイトへリンク)というNPO法人があり、そこには地域の子育てサポーターが登録されていて、依頼者の要望に応じて託児や送迎など、一時的に子どもたちの面倒をみてくれる相互援助システムができている。上妻さんは積極的にそのシステムを活用し、仕事と子育ての両立をはかっているのだ。
「ホントに助かってます。子育て経験豊富で、きちんと研修を受けた方々が来てくれて、教室の間じゅうみてくださるので、安心してレッスンに集中できます。金額も1時間500円、2人目は半額なので、2人を1時間だと750円で、家計的にも嬉しいです。」と語る上妻さん。ご近所の方にもいろいろと助けてもらうことも多いそうで、「地域の方々に育ててもらってます」と笑顔がこぼれた。
さらに上妻さんは、自分と同じように小さなお子さんをかかえて時間的・精神的な余裕の少ない人にも、ヨガやピラティスで息抜きや気分転換の時間を持っていただきたいと考え、支援センターに相談したところ、たくさんの子どもたちを複数のサポーターさんにみてもらう集団託児というシステムがあることを知った。さっそくそれを活用させてもらい、現在は子育て中のママだけのレッスンも実現したという。

ヨガやピラティスを通じて唐津を元気にしたい

フィットネス教室会員の集合写真

上妻さんの行っているフィットネスは年齢や体力に応じて無理なくやれるのが特徴。ゆっくりした運動の中で体の芯の筋肉を少しずつ鍛えながら、体だけでなく心も元気に健康にする効果があるという。
生きるだけで様々なストレスにさらされる今の時代だからこそ、上妻さんはヨガやピラティスをもっと広めていきたいと思っている。
「週に1回でもいいから自分を見つめ直す時間を作ってもらい、唐津の自然からエネルギーをいただいて、唐津の皆さんに生き方をより良い方向に変えていただきたい、というのが私の今の夢なんです。」と目を輝かす上妻さん。
太陽のような明るさと、会う人に元気を与えるバイタリティが人を引きつけ、レッスンはいつも盛況で活気に満ちているそうだ。

インフォメーション

  • 上妻智子
    E-mail:bmwgg633@ybb.ne.jp

問い合わせ

企画政策課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9115