ホーム > イベントカレンダー > 「日本画山脈展」アーティストトーク 竹内浩一氏

ここから本文です。

更新日:2017年6月20日

「日本画山脈展」アーティストトーク 竹内浩一氏

「日本画山脈展」のアーティストトークを行います。
講師は展覧会出品作家の竹内浩一氏(日本画家)です。日本画家の生の声を聞いてみませんか?

申し込みは不要ですが、入場料が必要です。
※この日に予定していた、平松礼二さんのアーティストトークは中止になりました。

「嫉妬」2013年(展示期間6月3日~25)

「誘惑」2007年(展示期間6月27日~7月17日)

日時

  • 2017年6月25日(日曜日)14時00分

所要時間:60分程度

場所

会場

唐津市近代図書館1階美術ホール

住所

唐津市新興町23番地

電話番号

0955-72-3467

ファクス番号

0955-72-3523

メールアドレス

唐津市近代図書館

ホームページ

唐津市近代図書館

費用

展覧会の入場料が必要です。
一般:500円、唐津市内の75歳以上の人:250円(健康保険証などを提示)
高校生以下の人は無料、障がい者手帳を持っている人と同行者1人は無料(障がい者手帳を提示)

申込方法

不要

主催者

唐津市近代図書館、日本画山脈展実行委員会

その他

竹内浩一(たけうちこういち)
1941年京都市に生まれ。1960年京都市立日吉ヶ丘高等学校日本画科卒業。卒業後はテキスタイルデザインの仕事に従事。1966年独立し、デザインスタジオを設立。同年晨鳥社に入塾、山口華楊に師事し、本格的に日本画の道に入る。1967年第10回日展で≪辺≫が初入選。1977年第4回山種美術館賞展で≪猿図≫が大賞を受賞、一躍新進作家として注目を集める。1984年会派を越えた同世代の仲間たちによる日本画研究グル―プ横の会を結成。1988年≪漂≫で第20回日展特選.。1992年日展会員になる。2010年京都市文化功労賞を受賞。2016年大徳寺塔頭・芳春院の襖絵を制作。京都画壇の写生画の伝統を基に、動物、花鳥を得意とし、淡く柔らかな色彩と写実的な細密描写に象徴性を盛り込んだ画風が特徴で、気配や風の表現に取り組むなど独自の世界を確立した。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

近代図書館学芸係

佐賀県唐津市新興町23番地

電話番号:0955-72-3467