ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 給付 > 特定疾病療養受療証について

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

特定疾病療養受療証について

特定疾病療養受療証とは

  • 高額な治療を長期間継続して行う必要がある病気で、厚生労働大臣が指定する特定疾病の場合、特定疾病療養受療証を病院や薬局などの窓口で提示すると、毎月の自己負担が1万円までになります。
  • 人工透析を要する70歳未満の上位所得者(国民健康保険税を算定する時の総所得が600万円を超える世帯の人、または住民税の申告がない人)は2万円までになります。
  • 特定疾病療養受療証の交付を受けるには、申請が必要です。

特定疾病とは

  • 人工腎臓を実施している慢性腎不全
  • 血漿(しょう)分画製剤を投与している先天性血液凝固第8因子障がいまたは先天性血液凝固第9因子障がい(いわゆる血友病)
  • 抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者に係るものに限る)

申請方法

保険年金課または各市民センター市民福祉課で申請してください。

申請に必要なもの

  • 医師の意見書(PDF:111KB)
  • 世帯主の印かん
  • 国民健康保険被保険者証(保険証)
  • 平成28年1月の申請からマイナンバーが必要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

保険年金課国保給付係

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9123