ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民年金 > 年金の受給に必要な資格期間が25年から10年に短縮になりました

ここから本文です。

更新日:2017年9月27日

年金の受給に必要な資格期間が25年から10年に短縮になりました

年金請求書の請求漏れがありませんか?

平成29年8月1日から、老齢年金を受けるために必要な期間(受給資格期間)が「25年」から「10年」に短縮されました。今回の制度改正により、新たに年金を受け取ることができる人が大幅に増えることになります。

年金機構では、これまで対象となる人に対し『黄色』の封筒を送付しています。まだ、年金の請求の手続きをしていない人は、今すぐ年金ダイヤルにお電話を。予約のうえ、年金事務所で手続きをしてください。

問い合わせ

  • 日本年金機構ねんきんダイヤル
    電話0570-05-1165
  • 唐津年金事務所
    唐津市千代田町2565
    電話0955-72-5161

問い合わせ

保険年金課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9121