ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 特定健診 > 平成30年度特定健康診査が4月からはじまります

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

平成30年度特定健康診査が4月からはじまります

特定健康診査は糖尿病などの生活習慣病の発症や重症化を予防するための健診です。年1回の特定健診をぜひ受けましょう。

対象者

4月1日現在、唐津市国民健康保険に加入している40歳から74歳までの人(平成30年度内に40歳になる人を含みます)なお、30年度途中に国民健康保険に加入された人、今年度75歳になられる人も誕生日前日まで受けられます。

ただし、受診時に唐津市国民健康保険の資格がない人は対象になりません。また、施設に入所している人や、長期入院の人、妊産婦の人もこの健診の対象になりません。

健診費用

無料(年度内2回目以降の受診、人間ドック・脳ドックの助成を受ける人は有料です)

受診方法

対象となる人には特定健診受診券(むらさき色)を4月に送付します。受診券が届いてから各保健センターか指定の医療機関へ予約をして受けてください。詳しくは同封のチラシをご覧ください。集団健診か個別健診のいずれかを受診してください。

受診するときは、必ず特定健診無料受診券(紛失された人には再交付します)と国民健康保険証を持ってきてください。

受診方法 実施場所 実施期間 申込方法

集団健診

保健センター、公民館など 4月から10月まで

各保健センターまたは各市民センターに申し込んでください。

個別健診 市が指定する医療機関 5月から翌年3月まで 受診する病院に予約してください。

平成30年度の集団健診日程表、個別健診を受診できる実施機関は次のとおりです。

健診内容

基本的な項目(必ず受診する項目)

  • 身体計測、血圧測定、問診、診察
  • 血液・尿検査
  • 脂質(中性脂肪、HDL・LDLコレステロール)
  • 糖代謝(空腹時血糖、HbA1c、尿糖)
  • 肝機能(GOT、GPT、γーGTP)
  • 腎機能(クレアチニン、尿酸、尿蛋白、尿潜血)
  • 詳細な健診項目(医師が必要と認めたときに行う検査)
  • 心電図、眼底、貧血(赤血球、色素、ヘマクリット値)

特定保健指導とは

特定健診の結果により、糖尿病などの生活習慣病を発症するおそれがある人には、保健師による生活習慣改善に向けた保健指導を行います。

健診結果の提出に協力してください

唐津市が行う特定健康診査受診対象者(40歳から74歳までの国民健康保険加入者)で、医療機関や職場で健診を受診する人は、特定健康診査を受診したとみなすことができますので、健診結果の写しを保険年金課に提出してください。

その他

健診の結果通知書はセルフメディケーションを使って申告する場合に必要になります。保管しておいてください。

受診券を紛失した場合は再発行しますので、お問合せください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

保険年金課特定健診係

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9123