ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 【後期高齢者医療】薬の適正な使用について

ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

【後期高齢者医療】薬の適正な使用について

1人に1冊「お薬手帳」お薬手帳

病院ごとに「お薬手帳」を複数持っている人はいませんか?現在服用している全ての薬を1冊の手帳に記録しておくことが大切です。1つにまとめることで、薬の重複、飲み合わせや副作用がないかを確認できます。医療機関窓口では、保険証、診察券と一緒に「お薬手帳」も提示してください。

「お薬手帳」は薬局で無料でお渡ししています。手帳の整理なども薬剤師に相談してください。気軽に相談できる「かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局」を持つことをおすすめします。

違う名前でも同様の効果

最近では、ジェネリック医薬品(後発医薬品)が多く処方されています。例えば「ブロプレス」と「カンデサルタン」では名前は違いますが、同じ血圧を下げる薬です。

飲み合わせや副作用

薬の飲み合わせや副作用は「飲み薬」だけではありません。「貼り薬・目薬」「市販薬」「サプリメント」なども原因になります。薬の記録は、医師や薬剤師にとって重要な情報です。

災害時や緊急時のために

救命士や消防士に服用中の薬や病歴がすぐに分かるよう準備しておくと適切な対応ができます。「お薬手帳」は、自宅の冷蔵庫前面外側の扉など見やすい場所に保管することをおすすめします。まずは、かかりつけの医師・薬剤師に相談してください。

問い合わせ

保険年金課高齢者医療係

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9123

一般社団法人佐賀県薬剤師会
佐賀県佐賀市本庄町本庄1269-1
電話番号:0952-23-8931

佐賀県後期高齢者医療広域連合
佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1870番地
佐賀市大和支所3階
電話番号:0952-64-8476