ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 給付 > 医療費の支払いが高額になったとき~後期高齢者医療制度~

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

医療費の支払いが高額になったとき~後期高齢者医療制度~

1か月(同じ月内)の間に、医療機関へ支払った医療費が高額になったときは、申請によって自己負担限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

初めて高額療養費に該当された人には、佐賀県後期高齢者医療広域連合から高額療養費の申請に関する文書を送付しますので、市役所の担当窓口で高額療養費の申請手続きをしてください。

平成29年8月から高額療養費が見直されています。(別ウィンドウで開きます)

なお、高額療養費の申請は、初回(1回)のみ必要です。
一度申請されると、以後は高額療養費の支給が発生したときに、指定された振込先口座へ自動的に振り込まれます。

月ごとの自己負担の上限額

自己負担限度額(1か月あたり)平成29年8月診療分から
所得区分 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者 57,600円 80,100円+(医療費ー267,000円)×1%
一般

14,000円

(年間144,000円上限)

57,600円
低所得2 8,000円 24,600円
低所得1 8,000円 15,000円

 

所得区分については、お医者さんにかかるときの窓口負担について(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

現役並み所得者及び一般で、外来+入院(世帯単位)において、過去12か月に3回以上の高額療養費の支給があった場合、4回目以降の自己負担限度額は44,400円となります。

低所得2か1の人は、医療機関の窓口へ限度額適用・標準負担額減額認定証を提示する必要があります。この認定証の交付が必要なときは、市役所の担当窓口で申請してください。

高額療養費の計算方法

  1. 暦月ごとに1か月単位で計算します。
  2. 外来(個人単位)を計算後、外来+入院(世帯単位)を計算し、その合計額が支給されます。
  • 外来(個人単位)は、一人ごとの外来の自己負担額の合計額が、上表の自己負担限度額を超えたときに支給されます。
  • 外来+入院(世帯単位)は、外来と入院の自己負担額(ただし、外来(個人単位)で支給される高額療養費を控除した額に限ります)の合計額が、上表の自己負担限度額を超えたときに支給されます。
    なお、同一世帯に後期高齢者医療で医療を受ける人が複数いるときは、入院・外来の区別なく自己負担額を合算します。

入院時の食費、居住費、差額ベッド代などは、高額療養費の支給対象になりません。

 

申請に必要なもの

  • 高額療養費支給申請書(対象者には申請書が郵送されます)
  • 保険証
  • 振込先口座の通帳
  • 窓口に申請に来る人の印鑑(朱肉を使うもの)
  • 窓口に申請に来る人の本人確認ができるもの(運転免許証など)
  • 被保険者のマイナンバーがわかるもの(通知カードなど)

平成28年1月の申請からマイナンバーが必要です。

申請をするところ

保険年金課または各市民センター市民福祉課

問い合わせ

保険年金課高齢者医療係

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9123

浜玉市民センター市民福祉課市民環境係

佐賀県唐津市浜玉町浜崎1445番地1

電話番号:0955-53-7103

厳木市民センター市民福祉課市民環境係

佐賀県唐津市厳木町厳木997番地

電話番号:0955-53-7113

相知市民センター市民福祉課市民環境係

佐賀県唐津市相知町相知2055番地1

電話番号:0955-53-7123

北波多市民センター市民福祉課市民環境係

佐賀県唐津市北波多徳須恵1097番地4

電話番号:0955-53-7133

肥前市民センター市民福祉課市民環境係

佐賀県唐津市肥前町入野甲1703番地

電話番号:0955-53-7143

鎮西市民センター市民福祉課市民環境係

佐賀県唐津市鎮西町名護屋1530番地

電話番号:0955-53-7153

呼子市民センター市民福祉課市民環境係

佐賀県唐津市呼子町呼子1995番地1

電話番号:0955-53-7163

七山市民センター市民福祉課市民環境係

佐賀県唐津市七山滝川1254番地

電話番号:0955-53-7173

佐賀県後期高齢者医療広域連合
佐賀県佐賀市大和町大字尼寺1870番地
佐賀市大和支所3階
電話番号:0952-64-8476