ホーム > 暮らし > 市民活動 > 11月9日締め切り~年賀寄附金の助成事業を活用しませんか

ここから本文です。

更新日:2018年9月12日

11月9日締め切り~年賀寄附金の助成事業を活用しませんか

日本郵便株式会社では、社会の発展に大きく貢献することを目的に実施している年賀寄附金の配分助成事業を活用する団体を募集しています。

申請可能事業

申請可能な事業は次のどれかに当てはまるもので、活動支援や施設改修、機器購入などに活用できます。

  • 社会福祉の増進を目的とする事業(子育て支援、障がい者への社会参加促進、DVなどの被害者支援・高齢者への福祉活動など)
  • 風水害、震災など非常災害による被災者の救助またはこれらの災害の予防を行う事業
  • がん、結核、小児まひそのほか特殊な疾病の学術的研究、治療または予防を行う事業
  • 原子爆弾の被爆者に対する治療そのほかの援助を行う事業
  • 交通事故の発生もしくは水難に際しての人命の応急的な救助または交通事故の発生もしくは水難の防止を行う事業
  • 文化財の保護を行う事業
  • 青少年の健全な育成のための社会教育を行う事業
  • 健康の保持増進を図るためにするスポーツの振興のための事業
  • 開発途上にある海外の地域からの留学生または研修生の援護を行う事業
  • 地球環境の保全(日本と日本以外の地域にまたがって広範かつ大規模に生じる環境の変化に係る環境の保全をいう。)を図るために行う事業

申請可能団体

助成分野 申請可能団体
一般枠 社会福祉法人、更生保護法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、特定非営利活動法人(NPO法人)
特別枠 一般枠配分団体に加え、営利を目的としない法人(例:生協法人、学校法人など)

助成分野および申請可能額

助成分野 申請可能額
一般枠

活動・一般プログラム

500万円まで
一般枠

活動・チャレンジプログラム

50万円まで
一般枠

施設改修

500万円まで
一般枠

機器購入

500万円まで
一般枠

車両購入

500万円まで
特別枠

東日本大震災、平成28年熊本地震および平成30年7月豪雨災害の被災者救助・予防(復興)

500万円まで

申請受付期間

平成30年9月10日(月曜日)から平成30年11月9日(金曜日)まで

申請方法など詳細情報

申請の検討するときは、日本郵便株式会社のホームページ(外部サイトへリンク)などで必ず最新情報を確認してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

国際交流・地域づくり課地域づくり係

唐津市南城内1番1号

電話番号:0955-72-9220