ホーム > 市政情報 > 友好姉妹都市 > 韓国麗水市との姉妹都市交流について

ここから本文です。

更新日:2017年11月22日

韓国麗水市との姉妹都市交流について

成29年、韓国麗水市と唐津市は、姉妹都市締結35周年を迎えました。

9月27日には、麗水市において記念式典が行われ、唐津市からは市民団体を含む34人が麗水市を訪問し、両市間の長い交流の歴史と信頼関係が築かれていることを再認識することができました。

長応接室に「敷華就實(ふげしゅうじつ)」という書が飾られています。これは、苦難な時代に先人たちが築いてきた絆を継承し「次代を担う若者がさらに発展させてほしい」という願いが込められています。今を生きる私たちも、先輩方から引き継いだ両市間の長い交流の歴史と信頼関係を大事にし、市民ぐるみで培ってきた交流の輪を未来に引き継ぎたいと考えています。

かし、韓国と日本には、さまざまな課題があるのも事実です。民間団体主動とはいえ、平成29年3月1日に麗水市内の李舜臣広場付近に慰安婦を象徴した少女像と碑が設置され、同年10月11日には麗水市内のサムイル中学校にも新たな像が設置されました。歴史見解の違いがこれからの未来を生きる者たちの友好に影を落としかねないと危惧します。

れら韓国内の動きを受け、35年来の友好と信頼関係があるからこそ「両国政府における日韓合意が誠実に履行されることを期待する」という内容の唐津市長名の親書を麗水市長に届けました。

国である両国は、地域の平和と安定、経済交流のため、対等な立場で、互いを思いやりながら、真の友好を深めることが大事です。

津市は、これからも未来志向の交流が続くことを願いながら国際交流事業を推進します。

問い合わせ

国際交流課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7102