ホーム > まち・環境 > 交通 > 「ポケモンGO」に関する注意喚起

ここから本文です。

更新日:2016年8月2日

「ポケモンGO」に関する注意喚起

スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の国内配信が始まり、多くの方が楽しまれている一方で、接触事故や他人の敷地への無断立入りなど、多くの問題が報道され、市内でも同様の事件・事故の発生が懸念されます。
特に、画面を見ながら歩いたり、自動車・自転車などに乗る行為は、自分が事故やトラブルの被害に遭うだけでなく、周りの人にも怪我をさせたり、通行の妨げとなる可能性があります。絶対にやめましょう。

このことについて、内閣サイバーセキュリティセンター、消費者庁、総務省から注意喚起がされています。ルールとマナーを守って楽しみましょう。

内閣サイバーセキュリティセンターからの注意喚起

  1. 個人情報を守ろう
  2. 偽アプリ、チートツール注意
  3. お天気アプリは必ず入れよう
  4. 熱中症を警戒しよう
  5. 予備の電池を持とう
  6. 予備の連絡手段を準備しよう
  7. 危険な場所には立ち入らない
  8. 会おうという人を警戒しよう
  9. 歩きスマホは×ですよ

[内閣サイバーセキュリティセンターからポケモントレーナーのみんなへおねがい♪]
[2016年7月20日発行(2016年7月21日修正)]から引用

 

消費者庁、総務省から注意喚起

1.PokémonGOの特徴
(1)時間や場所によって画面上の地図に示される情報が変化します
(2)ポケモンが様々な場所で出現します
(3)ゲームをするために土地勘のない場所に行くことがあります

2.危険行為を防ぐために知ってほしいこと
(1)「ながらスマホ」は危険です!
(2)危険な場所に立ち入らない!
(3)急に立ち止まるのは危険です!
(4)ポケストップやジムの削除リクエストができます!

[消費者庁・総務省PokémonGOに関する注意喚起][2016年7月27日]から引用

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

市政広報課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189