ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2017年 > 9月 > パステルアート体験で交流(平成29年9月13日、吉村悦子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2017年9月14日

パステルアート体験で交流(平成29年9月13日、吉村悦子)

皆さんよろしくお願いしま~す

皆さんよろしくお願いしま~す

7月28日浜玉公民館でパステルアートの体験がありました。

先生から道具をお借りしました

先生から道具をお借りしました

パステルアートとはパステルをカッターで削ってパウダー状にして、その粉を指や綿花に取り、キャンバスに絵を描いていくものです。今日は指で描きました。

みんな集中しています

みんな集中しています

まずマスキングテープでキャンバスの縁取りをしました。
次に用意していただいたアクリルの型紙をのせて、その上から少しずつパステルの粉をのせていきました。

お父さん心配そう

お父さん心配そう

それぞれに好きな色を使って、自由に描きました。最初は指の力の入れ加減などが難しかったですが、すぐに慣れて楽しく描くことができました。

力作が完成

力作が完成

できあがった作品を見ると、最初はどうなることかと心配していた男の子の作品は力強く描かれていて、大人と子供の感性の違いに驚かされました。同じ図柄なのに参加者の個性が出た作品ができあがりました。

みんな笑顔で「おつかれさま」

みんな笑顔で「おつかれさま」

体験会の参加者は少なかったのですが、ちょうど公民館に研修で訪れていた奇美京(キ・ミギョン)さんが一緒に体験をされることになりました。
奇美京さんは韓国の済州(チェジュ)特別自治道西帰浦(ソギポ)市から派遣勤務で唐津市に来られました。現在、唐津市役所の国際交流課で勤務されています。
唐津市の行政業務のほかに芸術や文化・歴史のことをたくさん習得したいということです。「気軽に声をかけていろいろと日本のことを教えてください。よろしくお願いします」と話されました。奇美京さんは日本語も上手で、すぐに打ち解けて一緒に楽しく描かれました。
(取材地:浜玉町浜玉公民館)

問い合わせ

市政広報課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189