ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2017年 > 11月 > 第38回唐津市呼子地区市民文化祭(平成29年11月15日、城谷祥子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2017年11月15日

第38回唐津市呼子地区市民文化祭(平成29年11月15日、城谷祥子)

延寿荘の皆さんの楽しく元気な踊りです

延寿荘の皆さんの楽しく元気な踊りです

今年も呼子地区市民文化祭が催され、団体やサークル、学校、個人など、呼子の老若男女元気な皆さんが、日頃から練習や制作に励んだ成果を発表されましたので、その様子をほんの一部ですがリポートいたします。

鯨骨切り唄子供保存会の皆さん

小川島鯨骨切り唄子供保存会の皆さん

舞台の部は12日(日曜日)の10時から15時まであり、26の団体・個人による発表が行われ、にぎやかな舞台となりました。皆さんこの日のために出し物を考え、練習し、衣装なども工夫を凝らしていて、元気をいただく発表ばかりでした。いくつか発表の様子をご紹介します。
養護老人ホーム延寿荘の皆さんは、舞踊の発表。「日本列島やり直し音頭」「東京五輪音頭」を元気に披露。手拍子も起こり、こちらまで明るい気持ちになりました。
小川島鯨骨切り唄子供保存会の皆さんは、伝承民謡「ろくろ巻き上げ唄」「鯨骨切り唄」「鯨お唄い」を披露されました。保存会の皆さんは、伝承民謡を絶やさないように頑張っていらっしゃいます。

呼子小学校3・4年生の皆さん

呼子小学校3・4年生の皆さん

呼子小学校3・4年生による踊り「ソーラン節」。元気いっぱいにソーラン節を踊る子どもたちに、観客の皆さんは笑顔で拍手喝さいです。

海青中学校女声合唱部の皆さん

海青中学校女声合唱部の皆さん

海青中学校女声合唱部は、「願いごとの持ち腐れ」「ホール・ニュー・ワールド」ほか3曲の発表です。16人の部員で美しいハーモニーを奏でていました。

小川島さげもん教室の作品

小川島さげもん教室の作品

作品展示の部は11日(土曜日)と12日(日曜日)に開催されました。
呼子地区内にある3つの保育園、呼子小学校、海青中学校、小川小・中学校、呼子公民館の様々な講座、サークル、同好会などから出品されていて、それぞれの工夫や努力の跡が感じられる展示でした。
全部の作品をご紹介したいのですが、その中から「小川島さげもん教室」の作品をご紹介します。きれいな布地で、てまりや着物、縁起ものの飾りなどをとても丁寧に色鮮やかに作られていて、目を引きました。

呼子陶芸サークルの作品

呼子陶芸サークルの作品

呼子陶芸サークルの展示コーナーには、唐津焼の技法で作られた立派な節句人形が展示してありました。細かい作りが難しそうだなぁと思いました。
その他にも興味を引く研究発表もあり、呼子ならではの制作や児童生徒さんの作品など、多くの方にご覧いただきたいものばかりでした。
展示から舞台まで、実行委員会の皆様、関係者の皆様、お疲れ様でした。また来年、呼子地区の文化の向上のために良い発表会ができますように。(取材地:呼子町呼子公民館)

問い合わせ

市政広報課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189