ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2017年 > 11月 > 浜玉中学校子育てサロン(11月27日28日、吉村悦子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2017年12月14日

浜玉中学校子育てサロン(11月27日28日、吉村悦子)

楽しかったね!全員で記念撮影

楽しかったよ!全員で記念撮影

11月27~29日の3日間、浜玉中学校で2年生を対象に唐津市子育て支援情報センター主催の子育てサロンが開催されました。

みんなで手遊び

みんなで手遊び

このサロンは、中学校内に設置した子育てサロンで中学生と地域の乳幼児親子が触れ合う機会を作り、中学生に命の大切さや家族や地域への感謝の気持ちを感じてほしいと市内の中学校で行われていて、浜玉中学校では初めての開催でした。

妊娠体験中

妊婦体験中(起き上がれるかな~?)

3時間目のサロンが始まる頃には乳幼児親子が次々と集まって来ました。中学生は会場に入る前にまず爪を切って手指を消毒してから入りました。いよいよ乳幼児親子とご対面です。進行役の生徒がゲームの説明などをして始まりました。まず、親子と中学生と地域の人が輪になって座り、自分のことを紹介しました。次に「グー・チョキ・パーで何つくろう」と手遊びをしました。手遊びが終わるとみんなで好きなように遊ぶことになりました。最初は緊張気味だった生徒たちもだんだんと打ち解けて来ました。乳幼児も生徒たちもみんなが笑顔で遊んでいました。

かわいいね~

かわいいね~

また同時に「妊娠中の母親の体験をしてみてください」ということで生徒や先生が妊婦の体験ジャケットを着けて立ったり座ったり寝転んだりしていました。感想を聞くと「重たい~」と返ってきました。乳幼児の母親が「靴下を履くのが大変だった」と言うと靴下を履いてみたりしていました。元気な力のある中学生は、重たいと言いながらもサッと動けるのですが地域の人から「実際には砂袋ではなく赤ちゃんが入っているのでお腹を大切に動かなければいけない」と教えてもらいました。

仲良く遊んで

仲良く遊んで

今日のサロンで印象に残ったのは、質問タイムの時に「家族に愛されていると感じることはありますか?」と聞いてみたところ「あります」と何人もの生徒が答えました。おいしいお弁当を毎日作ってくれるなど家族に感謝していることがよくわかりました。素晴らしい中学生達だと思いました。

抱っこも上手(寝ちゃったね)

抱っこも上手(寝ちゃったね)

最後に、今日のサロンで感じたことをそれぞれに発表しました。貴重な体験ができてよかった妊婦体験では、母親の大変さがよくわかったということでした。そろそろお別れの時間になりました。子供達も名残惜しそうで手を繋いで玄関の外までお見送りをしました。それにしても中学生の笑顔が最高でした。「その笑顔をご両親に見せてあげてください」と地域の人の感想もありました。(取材場所:浜玉町浜玉中学校)

問い合わせ

市政広報課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189