ホーム > 市政情報 > 広報 > まちかどリポート > 過去のリポート > 2019年 > 6月 > 早苗と棚田ウォークin蕨野(令和元年6月18日、江島奈津子)

市民による まちかどリポート

まちかどリポート トップへ戻る

  • まちかどリポートとは?
  • 市民リポーターになりませんか?
  • 市民リポーター

ここから本文です。

更新日:2019年6月20日

早苗と棚田ウォークin蕨野(令和元年6月18日、江島奈津子)

大平展望所からの眺め。緑の山に挟まれるように、水を張り稲を植えて間もない棚田が奥まで続いています。

大平展望所からの眺め

6月16日(日曜日)に、相知町平山上で「早苗と棚田ウォークin蕨野」が開催されました。

日本一の高石積み。立て看板の奥には、先人たちが高く積み上げた石積みがあります。

日本一の高石積み

前日は雨風がひどく天気が心配でしたが、当日は予報通りとってもいいウォーキング日和となりました。
今年も県内、県外から300人近い参加者があり、子どもからご年配の方まで、集合場所の交流広場は人でいっぱいでした。
私も2度目の参加ですが、毎年楽しみにされている方もたくさんいらっしゃいます。
私が小中学生の時は遠足で学校から歩いて八幡岳に登っていたのですが、今の子どもは交流広場までバスで送迎とか…。
普段、車生活なので足腰に自信はないのですが、田植えが終わった棚田の景色に癒やされながらマイペースで歩きました。

ウォーキングコース図。入り組んだ幅の狭い等高線が、起伏の激しいコースであることを物語っています。

ウォーキングコース図

コースは高石積みの急な坂や大平展望所を通る7キロです。
途中、息が切れるほどきついですが、地元の方々がテントを立てて給水所を用意してくれているので、とってもありがたかったです。疲れも吹き飛びそうなくらいおいしいお茶でした。

ハートの棚田わかるかな?

ハートの棚田わかるかな?

大平展望所からは棚田がハートに見えるインスタ映えする撮影スポットがあり、皆さん写真撮影されていました。

ゴール地点でのスイカの振るまい。テントの下の三角に切り分けられたスイカたちと、それを手に取ろうとしている参加者の後ろ姿。

ゴール地点でのスイカの振るまい

ゴール地点には冷えた甘いスイカが用意してあったり、棚田米のおにぎりお弁当、お土産の棚田米、お楽しみ抽せん会など、地元の方々がとってもすてきなおもてなしをしてくださって、大変盛り上がりました。
皆さん、お休みを返上してボランティアに奔走していただきありがとうございました。
まだ蕨野の棚田を見たことがない方は、稲の成長していく様子を歩いて見るのはいかがですか。
(取材地:相知町平山上、蕨野の棚田)

問い合わせ

市政広報課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9189