ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育 > 教育委員会 > 文化財 > 指定文化財 > 記念物(天念記念物) > 唐津市指定天然記念物~舞鶴公園のフジ(まいづるこうえんのふじ)

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

唐津市指定天然記念物~舞鶴公園のフジ(まいづるこうえんのふじ)

舞鶴公園のフジ

フジの巨木がある唐津城は、寺沢志摩守広高が慶長7年(1602)~13年(1608)までの7か年をかけて築城しました。廃藩置県後の明治10年(1877)から、本丸の一部が舞鶴公園として一般に公開されるようになり、その後、昭和40年(1965)に慶長様式の天守閣が建設されました。園内にはフジ・桜・ツツジなど四季折々の花が咲き乱れ、特にフジの巨木は初夏に見事な花を咲かせます。

舞鶴公園のフジは推定で樹齢100年を越え、根回り1.3m、幹は根元で分枝し、南北18m、東西24mに及びます。茎は右巻きに巻き、花の最盛期にあたる4月下旬~5月上旬にかけて、紫色の蝶形の花が数多く垂れ下がります。その数は5万を超え、花房の長さは長いもので1.3mにも達します。

舞鶴公園のフジは樹勢も盛んで佐賀県を代表する巨木で、佐賀の名木100選に選ばれています。

指定:昭和47年9月1日
指定地:唐津市東城内(舞鶴公園)
種別:天然記念物
 

 

問い合わせ

生涯学習文化財課 

佐賀県唐津市南城内1番1号

電話番号:0955-72-9171