ここから本文です。

更新日:2018年1月26日

唐津の幕末・維新年表

 

西暦 年号 唐津のできごと 西暦 年号 日本のできごと

1716~

1735

享保年間 北波多地区で、農夫が燃える石(石炭)を発見。 1716 享保元年 徳川吉宗(とくがわよしむね)による享保の改革が行われる。
1771 明和8年 虹の松原一揆が勃発。 1772 安永元年 田沼意次(たぬまおきつぐ)が老中に就任。
1788 天明8年 石炭の御仕法を制定し、専売制を開始する。 1783 天明3年 天明の大飢饉起こる。
1817 文化14年 水野氏に代わり小笠原氏が唐津藩主として入部。唐津領43村が幕府領となる。 1821 文政4年 伊能忠敬(いのうただたか)「大日本沿海輿地全図(だいにほんえんかいよちぜんず)」完成。
1854 嘉永6年 神集島(かしわじま)沖に黒船現れる。 1834 天保5年 水野忠邦(みずのただくに)、本丸老中となる。
1857 安政4年 小笠原長行、藩主長国の世子となる。 1853 嘉永6年 浦賀にペリーが来航。
1862 文久2年 小笠原長行、奏者番(そうしゃばん)、若年寄を経て老中格となる。

1854

嘉永7年

日米和親条約が締結。
1863 文久3年 奥村五百子(おくむらいおこ)、男装し長州藩に密使として赴く。 1863

文久3年

奇兵隊や新選組が結成される。

薩英戦争勃発。

1864 元治元年

薩摩藩が石炭御手山(せきたんおてやま)を厳木・相知に置き、採炭を開始する。

1864 元治元年

池田屋事件、禁門の変が起こる。

馬関戦争勃発。

第一次長州征伐が行われる。

1865 慶応元年

この頃、肥後藩・久留米藩が石炭御手山を相知に置き、採炭を開始する。

小笠原長行、老中となる。

1866 慶応2年 薩長同盟成立。
第2次長州征伐。
徳川家茂(とくがわいえもち)死去。徳川慶喜(とくがわよしのぶ)が15代将軍となる。
1866 慶応2年 肥後藩蒸気船の万里丸や久留米藩蒸気船の雄飛丸(ゆうひまる)が唐津港に入港する。
小笠原長行、第2次長州征伐の幕府軍総司令官として小倉城で指揮を執るも敗退する。
1867 慶応3年

大政奉還が行われる。

坂本龍馬(さかもとりょうま)が暗殺される。
討幕の密勅(みっちょく)が薩摩藩・長州藩に下る。

1868 慶応4年・明治元年 この頃、佐賀藩が石炭御手山を相知に置き採炭を開始する。
小笠原長国、明治新政府に降伏。
小笠原長行は、幕府軍と共に東北から函館へ転戦。仙台において唐津藩士24名が新選組に入隊。
1868 慶応4年・明治元年 鳥羽伏見の戦い
江戸城無血開城
上野戦争
函館共和国成立
1869 明治2年 函館五稜郭(ごりょうかく)陥落。小笠原長行は陥落前に潜伏。小笠原長国、藩知事となる。 1869 明治2年 明治天皇、東京城に行幸。
版籍奉還が行われる。
1871 明治4年 漢学部(志道館)・医学部(橘葉医学館)に加え、洋学部(洋学寮後の耐恒寮)を設置。高橋是清(たかはしこれきよ)を英語教師に迎える。曽禰達三(そねたつぞう)、辰野金吾(たつのきんご)、天野為之(あまのためゆき)、大島小太郎(おおしまこたろう)らが入学。 1870 明治3年 東京に工部省が設置。
1872 明治5年 廃藩置県に伴い、小笠原長国は東京に転居。唐津県が設置されるが、伊万里県に合併。
伊万里県から佐賀県に改称。
小笠原長行、潜伏生活から明治政府に出頭するも、放免される。

1871

1872

1873

1874

明治4年

明治5年

明治6年

明治7年

廃藩置県

新橋~横浜間に鉄道開通。

地租改正制定

佐賀の乱が起こる。

1876 明治9年 佐賀県を三瀦県と合併。
肥前区は、長崎県となる。
1875 明治8年 秩禄制度の廃止。
秋月の乱が起こる。
1883 明治16年 旧佐賀県が長崎県から別れて復県し、現在に至る。 1877  明治10年 西南戦争
1885 明治18年 唐津銀行設立(大石町)、大島小太郎が頭取となる。
竹内綱(たけうちつな)、芳谷炭鉱を開坑。
1883 明治16年  鹿鳴館(ろくめいかん)落成
1889  明治22年 唐津港特別輸出港となる。
唐津町成立。
1886 明治19年 学校令公布
天野為之『経済原論』を刊行。
1892 明治25年 辰野金吾設計の唐津尋常高等男子・女子小学校が建設される。 1888 明治21年 市町村制発布
1893 明治26年 この頃、大島邸が建てられる。 1889  明治22年 大日本帝国憲法発布
1894 明治27年 高取伊好(たかとりこれよし)、相知炭鉱を経営。
長谷川芳之助(はせがわよしのすけ)、牟田部炭鉱を経営。
1890 明治23年 天野為之、衆議院議員となる。
1895 明治28年 芳谷炭坑電話開通。 1891 明治24年 大津事件が起こる。
1896 明治29年 唐津興業鉄道(株)設立。大島小太郎は取締役となる 1894 明治27年 曽禰達蔵設計の三菱1号館完成。
日清戦争勃発
1898  明治31年 唐津鉄道、山本~妙見間開通し、
大島への石炭輸送が始まる。
大野右仲(おおのうちゅう)、東松浦郡長となる。
1895 明治28年 曽禰達蔵設計の三菱2・3号館完成。
1900 明治33年 高取伊好、相知炭鉱を三菱に
売却する。
1896 明治29年 辰野金吾設計の日本銀行本館完成。
1903 明治36年 唐津線全線開通 1897 明治30年 下関条約締結
1905 明治38年 高取邸が完成。 1900 明治33年 上野・新橋駅に公衆電話設置 。
1906 明治39年 相知炭鉱でコールカッターが使用される(日本初)。 1901 明治34年 奥村五百子、愛国婦人会を設立。
1908 明治41年 三菱合資会社唐津支店が建設。 1902 明治35年 日英同盟成立
長谷川芳之助、官営八幡製鉄所調査委員となる。
1909 明治42年 竹内明太郎(たけうちめいたろう)、唐津鐵工所を設立。 1904 明治37年 日露戦争勃発
1911 明治44年 三菱、芳谷炭鉱を買収。 1905 明治38年 ポーツマス条約締結
1912 大正元年 唐津銀行本店が本町に移転。 1906 明治39年 南満州鉄道株式会社設立
      1909 明治42年 伊藤博文、ハルピン駅で暗殺される。
      1914 大正3年 辰野金吾設計の中央停車場(東京駅)完成。

問い合わせ

明治維新150年事業推進室 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9115