ホーム > まち・環境 > 港湾 > 呼子みなとまちづくり懇話会

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

呼子みなとまちづくり懇話会

呼子みなとまちづくり懇話会は、平成19年に設置しました。

この懇話会では、呼子地域全体の発展のために取るべき施策や将来像などについて、住民、NPO、関係団体、自治体などの地元地域が主体となり、協働で呼子港を核としたみなとまちづくりを考えていきます。

呼子港

呼子港は、佐賀県北西部の東松浦半島に位置する天然の良港で、長崎県の壱岐、対馬を経て大陸との最短距離にあり、沿岸漁業、離島4島(小川島・馬渡島・加唐島・松島)の定期航路と遊覧船などの拠点として船舶が行き交う活気のある港です。

呼子みなとまちづくり懇話会「地域素案」

呼子は、古くから大陸との海上交通の要所として栄え、捕鯨により隆盛をきわめ、そして、遠洋漁業や玄界灘漁業の一大拠点として繁栄してきた港町です。この呼子港を核に個性的で、人々が憩い、にぎわうみなとまちづくりを目指し、「呼子みなとまちづくり懇話会」が議論を重ね、呼子地域全体が発展し続けるための将来像をまとめ、平成21年5月に唐津市長に提出したものです。また、同素案は、今後のみなとまちづくりの施策を展開するにあたり、尊重されるものです。

呼子みなとまちづくり懇話会「地域素案」

みなとまちの将来像

目標

『水光呼子の活力の再生』〜昔ながらの魅力あふれるみなとまちづくりの推進〜

イメージ

  1. 「呼子にしかない個性的なみなとまち」
  2. 「呼子を訪れるすべての人が憩い、にぎわうみなとまち」

基本理念

  1. 美しい海、海岸線など豊かな自然や景観を保存・再生する。
  2. 昔ながらのみなとまち呼子の風情を後世に残す。
  3. 朝市やイカに代表される呼子の資産を最大限に活用する。
  4. 呼子の歴史、文化を再認識し活用する。
  5. 離島や周辺の観光地などと連携する。
  6. おもてなしの心を大切にする。
  7. 地元地域(住民、NPO、行政など)が協働して取り組む。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

みなと振興課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9187