ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 分別 > スプレー缶などのガスは完全に抜いて出しましょう!!

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

スプレー缶などのガスは完全に抜いて出しましょう!!

カセットボンベやスプレー缶などを中身が入ったまま、ごみとして出すとごみ収集車への積み込み作業中に、爆発・炎上などの事故が発生することがあります。

人命に関わる重大事故につながる恐れがあるため、これらをごみとして出す場合には次の事項を厳守してください。

注意事項

必ず最後まで使い切り、缶に穴を開けて出してください。

穴を開けたカセットボンベ・スプレー缶は、資源物になりますので、かん類と一緒に出してください。

家庭で安全に穴を開ける方法

  • 作業は風通しのよい屋外で行うようにしてください。
  • 必ず中身がカラであることを確認してください。
  • 噴射口からシューという音がしなくなるまで出し切ってしまいましょう。
  • カセットボンベの場合は先端部を下にし、石やコンクリートなどの硬いところにおしつけると、中身をカラにする事ができます。
  • 穴を開ける部分は顔から遠ざけるとともに、周りに人がいない事を確認してください。
  • 穴を開ける際は、火花が散るような強い衝撃を与えないようにしましょう。ご家庭にある缶切りなどを利用するとよいでしょう。

大手スーパーやホームセンターなどで穴を開けるグッズも多く販売されています。これらを利用するとより安全に作業ができます。

市民のみなさんのご理解とご協力をよろしくお願いします。

問い合わせ

唐津市清掃センター 

佐賀県唐津市北波多岸山234番地2

電話番号:0955-64-3106