ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > リサイクル > わたしたちのまちのリサイクル~ガラスびんとペットボトルのゆくえ~

ここから本文です。

更新日:2015年2月2日

わたしたちのまちのリサイクル~ガラスびんとペットボトルのゆくえ~

資源の有効利用のため、正しい分別を行いましょう

ご覧の公益財団法人日本容器包装リサイクル協会で、唐津市で集められたガラスびん、ペットボトルの実績量や、リサイクル方法などを掲載しています。

びんとペットボトルの出し方

  • びんやペットボトル本体の再資源化率を高めるために、キャップは必ず外しましょう。

びんのキャップはもえないごみに、ペットボトルのキャップはもえるごみとして分別してください。

  • ラベルは無理にとる必要はありません。
  • 中身は軽くゆすいで水切りをして出しましょう。

中身が残っていると再生品の質が低下し、腐敗して悪臭の原因にもなります。

  • 決められた収集日にきちんと出しましょう。

びん類はびん用の指定ごみ袋(緑色の文字)に入れて出してください。

ペットボトルは収集日に設置される、専用の収集ネットの中に入れてください。

今後もごみ減量化に向け、正しい分別にご協力をお願いします。

問い合わせ

生活環境対策課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9175

唐津市清掃センター 

佐賀県唐津市北波多岸山234番地2

電話番号:0955-64-3106