ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 施策・計画 > 第8期唐津市分別収集計画を策定しました

ここから本文です。

更新日:2016年8月22日

第8期唐津市分別収集計画を策定しました

「スチール缶」「アルミ缶」「ガラス瓶」「紙パック」「段ボール」「ペットボトル」などを「容器包装廃棄物」といいます。

唐津市では、家庭から出される「容器包装廃棄物」を分別収集し、3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進するために、「第8期唐津市分別収集計画」を策定しました。

canbinpackdanpet

出典:日本容器包装リサイクル協会

第8期唐津市分別収集計画の主な内容

今回策定した「第8期唐津市分別収集計画」は、「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(通称:容器包装リサイクル法)」第8条に基づいて策定するもので、容器包装廃棄物の資源化を進めるため、市民・事業者・行政それぞれの役割や具体的な推進方策を定めています。

計画の主な内容は、次のとおりです。

計画の基本的方向

  1. 家庭から排出段階における分別の徹底、排出量の抑制
  2. 容器包装廃棄物の発生抑制、再使用、再資源化を基本とした地域社会づくり
  3. 全ての関係者が一体となった取組による環境負荷の低減
  4. 自然との調和を目指した、快適な生活基盤の整備

計画期間

平成29年4月から平成34年3月まで(3年後に内容を見直します)

対象品目

スチール缶、アルミ缶、ガラス瓶、紙パック、段ボール、ペットボトル

容器包装廃棄物の排出の抑制を促進するための方策

  1. 教育、啓発活動の充実
  2. 買い物袋の持参の推進
  3. 分別収集、資源物回収支援
  4. 「分別収集カレンダー」「環境だより」などのパンフレット配布による分別収集の周知徹底

その他計画に定めている事項

  • 計画策定の意義
  • 各年度における容器包装廃棄物の排出量の見込み
  • 分別収集をするものとした容器包装廃棄物の種類及び、当該容器包装廃棄物の収集に係る分別の区分
  • 各年度において得られる分別基準適合物の特定分別基準適合物ごとの量及び第2条第6項に規定する主務省令で定める物の量の見込み及び見込みの算定方法
  • 分別収集を実施する者に関する基本的な事項
  • 分別収集の用に供する施設の整備に関する事項

第8期唐津市分別収集計画(データ)

表紙
第8期唐津市分別収集計画(PDF:362KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

生活環境対策課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9124