ホーム > 暮らし > マイナンバー制度(社会保障・税番号制度) > 【マイナンバー制度】番号通知カードの送付について

ここから本文です。

更新日:2016年2月19日

【マイナンバー制度】番号通知カードの送付について

マイナンバー制度の詳細については、「内閣官房(社会保障・税番号制度)」のページをご覧ください。

 

通知カードは、いつから送付されるの?

平成27年10月から、住民票のある皆さんへマイナンバーが書かれた通知カードの送付が始まります。

この通知は、日本国内の全住民の皆さん一人一人に12ケタの個人番号を通知するためのものです。

唐津市でも、住民票のある全市民の皆さんの住所地へ世帯ごとに簡易書留で送付を開始していきます。

外国籍の人でも、中長期在留者・特別永住者などで住民票のある人には通知カードが送付されます。

 

通知カードを確実に受け取っていただくために

今住んでいる住所と住民票の住所が異なる人は、住所変更の手続きが必要です。なお、郵便物の転送手続きをしている人には送付できませんので注意してください。

通知カードとは?

  • 国や市などの社会保障、税、災害対策の各種申請手続きで必要になる番号が記載されたカードです。
  • 転居や転入転出などの住所変更時にも必要になります。

送付の方法について

住民票のある住所地に送付します。

簡易書留で各世帯宛に届きますので、不在中の配達により受け取りができなかった場合は、不在票に指定された方法で必ず受け取りを行ってください。

中に入っている書類

  1. 通知カード

2.個人番号カード交付申請書

3.返信用封筒

4.説明書

届いたら、中身がそろっているか確認をお願いします。

 

希望する人はマイナンバーカード(個人番号カード)の申請ができます

マイナンバーカード(個人番号カード)とは、このカード1枚で個人番号の提示と、本人確認のときの身分証明書としても利用できる顔写真付きのICカードです。

交付希望者は、通知カードと一緒に送付される「個人番号カード交付申請書」に記入し、必要な書類をそろえて申請をおこなってください。詳しくは、通知カードと一緒に届く説明書をご覧ください。

 

注意事項

  • 通知カードは、平成27年11月中旬以降に簡易書留により送付を行うため、配達時期が当初予定より遅くなります。平成27年12月中旬になる可能性もあります。皆さんのご理解をお願いします。
  • 平成27年10月時点で海外に住所を置いているなど、国内に住所がない人については通知カードは送付されません。日本に帰国され住民票が作成されてから、番号の通知がおこなわれます。
  • 送付された通知カードは、大切に保管してください。
  • 通知カードに記載された個人番号は、特別な場合を除き、一生変更されることはありません。

 

問い合わせ

市民課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9120

マイナンバーコールセンター(有料)
電話番号:0570-20-0178(ナビダイヤル)、0570-20-0291(ナビダイヤル・外国語対応)
マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)
電話番号:0120-95-0178(日本語)、0120-0178-27(外国語対応)
◎唐津市内の通知カードや個人番号カードの送付については、唐津市役所市民課まで問い合わせたください。