ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者福祉 > 補助・助成 > 高齢者(65歳以上)の市・県民税などの障害者控除対象者認定

ここから本文です。

更新日:2015年11月2日

高齢者(65歳以上)の市・県民税などの障害者控除対象者認定

65歳以上の要介護認定を受けている寝たきり、認知症の人または障がいのある人で、障がい者手帳の交付を受けていない人でも、一定の基準を満たしている場合は、申請により「市・県民税」と「所得税」の税法上の控除を受けることができる「障害者控除対象者認定書」の交付を受けることができます。

障害者控除対象者認定基準

障害者控除

区分

認定基準

申請時添付書類

要介護認定者(認知症の人)

要介護認定を受けている65歳以上の人で、当該認定に係る認定調査票および医師の意見書の「認知症高齢者の日常生活自立度」が、ⅢaまたはⅢbの人

不要

障がい者手帳の交付を受けていない人

知的障がい者の軽度または中度に準ずる人 知的障害者更生相談所、精神保健福祉センターまたは精神保健指定医により、軽度または中度の知的障がいがあると判定された65歳以上の人 左記に係る判定書の写し
身体障がい者3級~6級に準ずる人 指定医の診断書に身体障がい者3級~6級相当に該当すると記載された65歳以上の人 左記診断書の写し

 

特別障害者控除

区分

認定基準

申請時添付書類

要介護認定者

認知症の人 要介護認定を受けている65歳以上の人で、当該認定に係る認定調査票および医師の意見書の「認知症高齢者の日常生活自立度」がⅣまたはMの人

不要

寝たきりの人 要介護認定を受けている65歳以上の人で、当該認定に係る認定調査票および医師の意見書の「障害高齢者の日常生活自立度」がBまたはCの人

不要

手帳の交付を受けていない人 知的障がい者の重度に準ずる人 知的障害者更生相談所、精神保健福祉センターまたは精神保健指定医により重度の知的障がいがあると判定された65歳以上の人 左記に係る判定書の写し
身体障がい者1級または2級に準ずる人 指定医の診断書に身体障がい者1級~2級相当に該当すると記載された65歳以上の人 左記診断書の写し

 

注意事項

障害者控除または特別障害者控除は、市・県民税または所得税が課税されている場合に適用されます(税額が低くなる可能性があります)。

非課税の場合は適用されませんので、注意してください。

申請窓口

要介護認定を受けている65歳以上の人

高齢者支援課または各市民センター市民福祉課

上記以外の障がいのある65歳以上の人

障がい者支援課または各市民センター市民福祉課

申請書

そのほか

認定の対象になるかどうかについては、個人情報にあたるため、電話やEメールでのお答えはできません。

確認をしたい場合は、本人またはご家族であることを証明できるもの(運転免許証など)を持って、高齢者支援課の窓口へお越しください。

個人情報の保護のためですので、ご理解をお願いします。

また、市税のことについては、税務課に問い合わせてください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

高齢者支援課介護認定係

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-58-8095

障がい者支援課障がい者支援係

佐賀県唐津市東城内1番3号

電話番号:0955-72-9150

税務課課税係

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9117