ホーム > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > 東京2020大会セルビア共和国3x3代表の事前キャンプ実施について合意書を締結しました

ここから本文です。

更新日:2019年8月28日

東京2020大会セルビア共和国3x3代表の事前キャンプ実施について合意書を締結しました

スポーツによる地域の活性化を図るため、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、セルビア共和国3x3(3人制バスケットボール)男子代表の事前キャンプを唐津市で実施することについて合意書の締結を行いました。

唐津市は、東京2020大会におけるセルビア共和国のホストタウンとして登録されていて、人的・経済的・文化的な相互交流を進めることを目指しています。

締結日

令和元年8月23日(金曜日)

場所

県庁来賓室(新館4F)

締結者

セルビア共和国オリンピック委員会 強化部長 ダミール・シュタイネル
・唐津市長峰 達郎
・佐賀県知事山口祥義

経緯

唐津市は、これまで3人制バスケットボールリーグ「3x3.EXE PREMIER」に参戦するプロバスケットボールチーム「KARATSU LEO BLACKS」が唐津市をホームタウンとしている縁から、唐津市、佐賀県およびKARATSU LEO BLACKS の運営会社である株式会社マッシヴドライヴが官民一体となり、事前キャンプ誘致を進めてきました。
その中で、男子3人制バスケットボール強豪国(※)であるセルビア共和国にアプローチし、平成31年3月にダミールさんが現地視察を実施。
練習環境および官民一体「チーム佐賀」でサポートに取り組む体制が高く評価され、その後の交渉により、事前キャンプ実施について合意に至りました。

セルビア共和国は国際バスケットボール連盟(FIBA)3人制バスケットボール世界ランク1位です。(8月23日現在)

合意書の主な内容

セルビア3x3代表チームの東京2020大会事前キャンプは唐津市において行い、佐賀県及び唐津市は(株)マッシヴドライヴなどの関係団体と協力してこれをサポートする。
・事前キャンプ期間中に交流会や学校訪問などを行い、スポーツ以外でも佐賀県民との交流を深めるよう努める。
・その他詳細は別途協議して定める。

合意書(PDF:528KB)

 

09

(写真左から)山口祥義知事、ダミール・シュタイネル強化部長、峰達郎市長

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

スポーツ振興課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9237