ホーム > 産業・ビジネス > 水産業 > 離島漁業再生支援交付金の実施状況を公表します

ここから本文です。

更新日:2015年2月6日

離島漁業再生支援交付金の実施状況を公表します

概要

離島の漁業・漁村は、漁業生産の面だけでなく、自然環境の保全や海難救助などの多面的な機能を持っています。しかし、本土に比べ輸送や生産資材の調達の面で不利な条件にあり、漁業者の減少や高齢化が進行しています。

このため、離島の漁業を活性化させ、水産業と漁村の果たしている役割や機能(多面的機能)を維持・増大させることを目的として「離島漁業再生支援交付金」制度が創設されました。

唐津市の馬渡島、向島、加唐島、小川島の4つの離島では、漁業集落ごとに集落協定が結ばれ、その協定に基づいたさまざまな取り組みに対して交付金による支援が行われています。

対象地区

馬渡島・向島・加唐島・小川島

期間

平成17年度から平成21年度の5年間

交付額

1漁業世帯当たり年間136,000円

平成17年度から平成21年度の集落協定締結数、集落協定に位置づけられた活動内容、交付金額とその使用方法はご覧のとおりです。

離島漁業再生支援交付金実施状況(PDF:967KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

水産課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9130