ホーム > 暮らし > 税金 > 市県民税 > 給与支払報告書の提出について

ここから本文です。

更新日:2016年12月28日

給与支払報告書の提出について

給与を支払った人は、給与支払報告書の提出が必要です

従業員などに給与・賃金などを支払った給与支払者は、給与支払報告書を作成し、従業員の翌年1月1日現在における住所地の市町村長に提出することが地方税法で義務づけられています。

給与支払報告書は、個人住民税の課税の根拠となる重要な書類ですので、正しく記入して、必ず提出してください。

対象者

前年中に給与・賃金などを支払ったすべての従業員です。専従者やパート、アルバイトなども含みます。

提出書類

提出書類
提出書類 提出枚数
給与支払報告書(総括表) 1部
給与支払報告書(個人別明細書) 1人につき1枚

平成29年度(平成28年分)から総括表と個人別明細書の様式と記入方法が変更になりましたので、作成するときは注意してください。

総括表と個人別明細書の記入方法はこちらをご覧ください。

提出期限

給与を支払った年の翌年1月31日まで

提出方法

1から3のどれかの方法で提出してください。

1.紙で提出する場合

給与支払報告書を提出するときは、必ず総括表も添付してください。
事前に唐津市から総括表が送付された事業所は、送付された総括表を付けて提出をお願いします。

住民税の徴収方法の誤りを防ぐため、仕切紙を使用し、特別徴収と普通徴収の個人別明細書を区分してください。

2.インターネットを利用して提出する場合

地方税ポータルシステム(eLTAX:エルタックス)を利用して、給与支払報告書の提出ができます。詳しくは、唐津市ホームページ:市税の電子申告(eLTAX:エルタックス)が利用できますをご覧ください。

3.光ディスクか磁気ディスクなどで提出する場合

市長の承認を受けた場合に、光ディスクか磁気ディスクにより給与支払報告書の提出ができます。光ディスクか磁気ディスクなどによる提出を希望する場合は、事前に唐津市税務課に連絡してください。

電子データによる提出の義務化について

平成26年1月1日以降に提出する給与支払報告書について、税務署への源泉徴収票をe-Tax(イータックス)か光ディスクなどにより提出することが義務づけられた給与支払者は、各市町村に提出する給与支払報告書についてもエルタックスか光ディスクなどにより提出することが義務づけられました。

提出先

給与の支払いがあった年の翌年1月1日現在、従業員の住所地の市町村です。
年の途中で退職された人については、退職時の居住地の市町村に提出してください。

提出後に追加や修正などがあったとき

総括表と個人別明細書のそれぞれに「訂正分」「追加分」と赤字で明記し、再提出してください。

特別徴収として提出した従業員が、提出後に退職などの理由で特別徴収できなくなった場合は、給与支払報告に係る給与所得者異動届出書(ワード:59KB)を必ず提出してください。

平成28年分以降の給与支払報告書の作成について

平成29年度(平成28年分)以降の給与支払報告書については、マイナンバー制度開始により、法人番号・個人番号の記入が必要となります。

これに伴い、個人事業主の方については給与支払報告書提出の際に個人事業主ご自身の本人確認書類等の提示か写しの添付が必要になります。

 

 

【本人確認書類とは】

 

1.「個人番号の確認ができるもの」:次のいずれか1点

  • 個人番号カード
  • 通知カード
  • 個人番号記載の住民票の写し

2.「本人確認ができるもの」:(1)または(2)のいずれか

(1)次のいずれか1点で確認(顔写真付きのもの)

  • 個人番号カード
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 写真付住民基本台帳カードなど

(2)次のいずれか2点で確認(顔写真が付いていないもの)

  • 公的医療保険の被保険者証
  • 介護保険被保険者証
  • 国民年金手帳
  • (特別)児童扶養手当証書など

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

税務課課税係

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9117