ホーム > 暮らし > 税金 > 市県民税 > 市県民税の特別徴収様式

ここから本文です。

更新日:2016年12月28日

市県民税の特別徴収様式

普通徴収から特別徴収へ切替えするときは

従業員の市県民税の納付方法を、個人が納める普通徴収から事業所が給与から天引きして納める特別徴収に切り替えるときは、普通徴収から特別徴収への切替届出書に必要事項を記入して、唐津市税務課に提出してください。

様式

注意

  1. 平成29年度以後の年度分の住民税に係る届出から、特別徴収義務者の法人番号の記入が必要です。個人事業主の場合、個人番号の記入は必要ありません。
  2. 普通徴収の納期限が過ぎている納期分は、特別徴収へ切替えできません。
  3. 二重納付を防止するため、納付税額がある場合は、必ず普通徴収分の領収書の写しをあわせて提出してください。口座振替の場合は必要ありません。

特別徴収をやめるときは

特別徴収をしている事業所で、従業員が退職・転勤・休職・死亡などの理由で、特別徴収ができなくなったときは、特別徴収に係る給与所得者異動届出書に必要事項を記入して、唐津市税務課に提出してください。

様式

注意

  1. 平成29年1月1日以後に給与の支払いを受けなくなった人に係る届出から、 特別徴収義務者の法人番号又は個人番号(個人事業主の場合)、従業員の方の個人番号の記入が必要です。
  2. 個人事業主の方については特別徴収に係る給与所得者異動届出書提出の際に、個人事業主ご自身の本人確認書類等(※)の提示か写しの添付が必要になります。
  3. 徴収済額は、正確に記入してください。
  4. 賦課年度の1月1日以降に退職した従業員に未徴収税額がある場合は、一括徴収することが義務づけられています。

 ※【本人確認書類とは】

1.「個人番号の確認ができるもの」:次のいずれか1点

  • 個人番号カード
  • 通知カード
  • 個人番号記載の住民票の写し

2.「本人確認ができるもの」:(1)または(2)のいずれか

(1)次のいずれか1点で確認(顔写真付きのもの)

  • 個人番号カード
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者手帳
  • 療育手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 写真付住民基本台帳カードなど

(2)次のいずれか2点で確認(顔写真が付いていないもの)

  • 公的医療保険の被保険者証
  • 介護保険被保険者証
  • 国民年金手帳
  • (特別)児童扶養手当証書など

納期の特例を受けるときは

納期の特例を受けるときは、特別徴収に係る市県民税の納期の特例に関する申請書に必要事項を記入して、唐津市税務課に提出してください。

詳しくは、唐津市ホームページ:事業主の皆さんへ~個人住民税は、特別徴収で納めましょう!をご覧ください。

 

様式

注意

  平成28年1月1日以降に行われる申請には、特別徴収義務者の法人番号の記入が必要です。個人事業主の場合、個人番号の記入は必要ありません。

特別徴収義務者の所在地・名称などが変わったときは

特別徴収義務者の所在地、名称、電話番号、送付先が変わったときは、特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書に必要事項を記入して、唐津市税務課に提出してください。

様式

注意

  • 平成28年1月1日以降に行われる申請には、特別徴収義務者の法人番号の記入が必要です。個人事業主の場合、個人番号の記入は必要ありません。
  • 所在地、名称が変わったときは、誤読を避けるために必ずフリガナを記入してください。

そのほか注意事項

唐津市では、切替届出書・異動届出書を受付けた後、その変更内容を特別徴収義務者へ通知しています。変更の通知は、通常、受付日の翌月に送付します。

12月31日までに退職した人で、退職時までの給与支払額がある場合は、翌年の1月末までに給与支払報告書を提出してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

税務課課税係

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9117