ホーム > 防災・防犯 > 防災情報 > 避難場所・避難所 > 避難場所と避難所について

ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

避難場所と避難所について

hinanbasho避難場所(指定緊急避難場所)について

避難場所は、災害の危険から緊急に避難する人の安全を確保するための場所です。主に公民館や体育館を指定しています。

一時的に避難する場所なので、基本的に食事の提供はありません。非常食や毛布などを持って避難していただくことをおすすめします。また、感染症対策としてマスクや体温計も一緒に持って避難してください。

お住まいの地区にかかわらず、どこの避難場所に避難してもかまいません。普段から避難の方法と安全なルートを確認しておきましょう。

開設について

唐津市では3つの段階に分けて、土砂災害や洪水に関する避難勧告などを発令した場合と台風などの接近により自主避難の要望がある場合に避難場所を開設します。開設した避難場所は、唐津市災害情報メールや市ホームページ、チャンネルからつなどでお知らせします。

開設場所 開設になる状況
自主避難場所 台風の接近や長時間降り続く大雨の影響などで災害が発生するおそれがある場合に、市民の皆さんの問い合わせ状況や気象状況などを考慮し、開設します。
1次開設避難場所 避難勧告など、市が避難を促す場合に開設します。
2次開設避難場所 1次開設避難場所の避難者数の状況によって、必要なときに順次開設します。

 

自主避難場所

唐津市自主避難場所一覧(PDF:59KB)(別ウィンドウで開きます)

1次開設避難場所

唐津市1次開設避難場所一覧(PDF:56KB)(別ウィンドウで開きます)

2次開設避難場所

唐津市2次開設避難場所一覧(PDF:291KB)

 

hinansho避難所(指定避難所)について

指定避難所は、災害によって自宅が滅失した場合など災害により生活の場を失った人が避難生活をするための施設です。

状況に応じて、大雨や台風などが過ぎた後に設置します。開設した避難所は、唐津市災害情報メールや市ホームページ、チャンネルからつなどでお知らせします。

災害の状況にもよりますが、基本的に指定している避難所をすべて開設することはありません。

 

福祉避難所とは

福祉避難所は、自宅が倒壊したり焼失したりして生活の場を失った人のうち高齢者や障がいのある人などが避難生活を送るために、バリアフリーに配慮し多目的トイレなどを備えた避難所です。

詳しくは、福祉避難所についてをご覧ください。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

危機管理防災課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-72-9260

浜玉市民センター総務・福祉課総務係

〒849-5192 佐賀県唐津市浜玉町浜崎1445番地1

電話番号:0955-53-7100

厳木市民センター総務・福祉課総務係

〒849-3192 佐賀県唐津市厳木町厳木997番地

電話番号:0955-53-7110

相知市民センター総務・福祉課総務係

〒849-3201 佐賀県唐津市相知町相知2055番地1

電話番号:0955-53-7120

北波多市民センター総務・福祉課総務係

〒847-1292 佐賀県唐津市北波多徳須恵1097番地4

電話番号:0955-53-7130

肥前市民センター総務・福祉課総務係

〒847-1526 佐賀県唐津市肥前町入野甲1703番地

電話番号:0955-53-7140

鎮西市民センター総務・福祉課総務係

〒847-0401 佐賀県唐津市鎮西町名護屋1530番地

電話番号:0955-53-7150

呼子市民センター総務・福祉課総務係

〒847-0392 佐賀県唐津市呼子町呼子1995番地1

電話番号:0955-53-7160

七山市民センター総務・福祉課総務係

〒847-1106 佐賀県唐津市七山滝川1254番地

電話番号:0955-53-7170