ホーム > 教育・文化・スポーツ > レジャー・スポーツ > 施設 > 観光文化施設 > 観光文化施設使用申請書など > 唐津市民会館使用料、曳山展示場入場料減免申請書

ここから本文です。

更新日:2016年9月27日

唐津市民会館使用料、曳山展示場入場料減免申請書


唐津市民会館使用料と曳山展示場入場料の減免申請書です。

申請方法

唐津市民会館条例施行規則の減免基準を確認し、減免申請書に必要事項を記入して、事前に連絡のうえ、申請してください。

唐津市民会館減免申請書(PDF:20KB)

市民会館使用料の減免基準

1.唐津市か唐津市教育委員会が主催、共催する事業に使用するとき 全額
2.唐津市内の学校、そのほかの教育機関が行事に使用するとき 全額
3.主に心身障がい者、精神障がい者が構成員の唐津市内の団体が利用するとき 全額
4.唐津市か教育委員会が後援する行事に利用するとき 5割相当額
5.主に18歳未満か65歳以上の人が構成員の唐津市内の文化団体か社会教育団体がその活動に利用するとき 5割相当額

申請上の留意事項

減免基準2により申請するときの留意事項は次のとおりです。

減免基準 留意事項
基準2
  • 市内の学校とは、市内と玄海町内の児童福祉法による児童福祉施設及び学校教育法による幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校とします。
  • 申請者は学校長名で申請してください。 

曳山展示場入館料の減免基準

1.20人以上の団体が利用するとき1人につき 2割相当額
2.展示出品する人か教育長が運営上必要と認めるとき 全額
3.唐津市内の小中学校の児童、生徒と引率者が教育計画に基づいて常設展示を観覧するとき 全額
4.主に心身障がい者、精神障がい者が構成員の唐津市内の団体が入館するとき 全額

申請上の留意事項

減免基準3と4により申請するときの留意事項は次のとおりです。

減免基準 留意事項
基準3
  • 教育計画とは、課外学習、社会科見学のことを指し、旅行などは減免対象になりません。
  • 申請者は学校長名で申請してください。
基準4
  • 個人も減免対象になります。
  • 必要な引率者も減免対象になります。
  • 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳を入口で提示してください。

使用料、減免申請などの問い合わせ

唐津市民会館
電話番号:0955-72-8278

曳山展示場
電話番号:0955-73-4361

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129