ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

五足の靴

与謝野寛ほか、5人組の青年

明治40年7月28日、東京から九州へ旅立った詩人の一行が唐津に残っていました。

彼らは7月30日早暁(そうぎょう)広島県宮島駅に降り立ち、以来8月22日東京に戻るまで九州を旅行することになります。一行は新詩社同人でリーダー格の与謝野寛のほかに、「明星(みょうじょう)」を代表する青年詩人北原白秋、吉井勇、平野萬里(平野万里(ひらのばんり))、木下杢太郎(きのしたもくたろう)ら、計5人で寛の34歳を除いては、白秋22歳、勇は21歳でともに早稲田大学大学文科生、萬里は22歳で東京帝国大学工科大学生、杢太郎もまた22歳で東京帝国大学医科大学生とだれもが学生でした。

彼らは厳島から赤間が関(下関)を経て7月31日に福岡に至り、そこから柳河(やながわ)・佐賀・唐津・佐世保・平戸・長崎・富岡・大江・牛深・島原・熊本・阿蘇・熊本・大牟田という行程をたどり、8月17日白秋の生家のある柳河に戻った所で九州旅行は終わりました。

さて、「五足の靴」とは、この旅の見聞記で行程ごとにその都度「東京二六新聞」に送ったものであり、8月7日から9月10日まで29回にわたり掲載されました。筆者は「五人づれ」となっていて特定の署名はありません。リレー式に執筆したものでしょうが、一応共同執筆の体裁(ていさい)をとっています。

エピソード・伝承・うんちくなど

松浦文化連盟では、毎年「五足の靴」に関する活動を行っています。

地図・写真・統計資料など

五足の靴:文学碑建立除幕式パンフレット五足の靴:文学碑建立除幕式パンフレット

(五足の靴:文学碑建立除幕式パンフレットより)

引用・参考文献(出典)

  • 記念文学展・五足の靴の旅から百年(松浦文化連盟)チラシより
  • 『五足の靴』
  • 五足の靴・文学碑建立除幕式パンフレット
  • 松浦文化連盟資料

参考文献について

参考文献については、近代図書館が所蔵している資料もあります。

資料についての問い合わせは近代図書館までお願いします。

電話番号:0955-72-3467

五足の靴

五足の靴PDFデータ(PDF:186KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129