• もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

唐津城下町

唐津城下のおもかげ

初代の藩主、寺澤志摩守広高が1602年から約7年をかけて唐津城を築いたときに唐津城下も整備されました。

現在の唐津城内地区には、唐津城の石垣をはじめ築城当時の姿で400年もの歴史を刻んできた石垣、堀、塀等唐津城下の面影を残す物があります。

また、唐津市の唐津城下保存整備によって一部復元整備されたところもあります。

正保年間(1644~1648)に描かれた「正保城絵図」が観光パンフレットなどで紹介され、唐津城下の面影たどりながら散策を楽しむことができるようになりました。

築城当時の姿で残っている、または再現されている主な物です。

石垣

  • 「石垣の散歩道」
    唐津城東の早稲田中高北側より西へ延び、北城内五間馬場まで続く1.2kmの道を指します。途中、水野旅館の武家屋敷門、二の門堀(薩摩堀)、旧高取邸を眺めながら散策する事が出来ます。石垣の高さは、約7.2m~約3.8m、櫓(やぐら)の跡もあります。当時二の丸・三の丸への出入り口としては唯一の陸道でした。
  • 市役所西側より始まり、西城内を囲むように北へ延びる石垣です。
  • 千代田町辰巳櫓より町田川河口へ続く石垣列です。

櫓(やぐら)

  • 本丸内老
  • 三ノ丸辰巳櫓
  • 時打櫓(時の太鼓)

  • 唐津市役所前(通称:肥後堀)
  • 二の門堀(通称:薩摩堀)

笹塀・築地塀(ついじへい)

エピソード・伝承・うんちくなど

唐津城下にあった西ノ門・埋門は現存していませんが、西ノ門の館・埋門の館という市の文化施設の名称に使用され、その名が残っています。

地図・写真・統計資料など

唐津城下町迷宮地図

唐津城下町迷宮地図/唐津のれん会

引用・参考文献(出典)

  • 唐津城下町迷宮地図/唐津のれん会
  • 唐津城を学ぶ/唐津市教育委員会:文化課

参考文献について

参考文献については、近代図書館が所蔵している資料もあります。

資料についての問い合わせは近代図書館までお願いします。

電話番号:0955-72-3467

唐津城下町

唐津城下町PDFデータ(PDF:200KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129