• もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

松浦党の発展

松浦武士団の起こり…元寇の奮戦

松浦地方で初めて武士が姿を見せるのは、寛仁(かんにん)3年(1019年:平安時代)、北九州に侵寇してきた刀伊(とうい)の賊を松浦沿岸で撃退した源知(みなもとのしらす)です。その後、松浦郡の武士としては、宇野御厨(うのみくりや)検校検非違使(けんぎょうけびいし)「源大夫松浦久(みなもとだゆうまつらひさし)」松浦党の党祖とされていました。

実在は、康和(こうわ)4年(1102年)の年紀があります。石志文書です。その子とされる上松浦の波多氏、神田氏、佐志氏です。原氏を称する松浦源氏流の武士は、ほかの資料には見る事ができませんが、唐津市梨川内には「原伊賀守」と刻銘のある六地蔵と追善供養墓があります。

「源平盛衰記(げんぺいせいすいき)」によれば、養和(ようわ)元年(1181年)2月13日、松浦党も頼朝に味方して平氏に謀反を起し、源氏を勝利に導いたことが分かります。

建久(けんきゅう)3年(1192年)、源頼朝が鎌倉幕府を開き、源平合戦で名を挙げた松浦党はいち早く鎌倉幕府の御家人として、松浦地方の所領の地頭や領家として活躍しました。

室町・戦国時代の東松浦地方には岸岳城の波多氏、玉島鬼が城の草野、大河野日在城の鶴田、厳木獅ケ城の鶴田、浜田城の佐志氏など、各氏がいました。松浦党は、玄界灘の荒波を乗り切り、東シナ海の大海原を自由に航行できる船を持ちそれを自由に操舵する技能に優れていました。

元寇における松浦党の奮戦

文永11年(1274)の蒙古(もうこ)軍襲来、弘安4年(1281)の再襲来にも博多に侵寇する前の壱岐や松浦沿岸で迎え撃った松浦党の武士達は奮戦し、松浦党諸家でも多くの戦死者を出しました。

  • 博多湾での奮戦・・・草野・岡本・加茂氏らの活躍
    弘安4年、松浦鏡社大宮司草野次郎経永(まつらきょうしゃだいぐうじくさのじろうつねなが)は、行動を共にしていた岡本山城守長繁・加茂総介永藤らと二艘(にそう)の小舟に分譲し、大矢野・河野隊の先頭きって志賀島付近に停泊している敵の軍艦に迫って、その時闇を突いて夜襲をかけ、粉骨身を砕き奮戦しました。
    やがて、岡本山城守長繁は戦死を遂げています。そのほかに、この合戦で松浦党武将のうち石志次郎兼(かねる)・相知小太郎比(くらぶ)・宇久次郎競(きそう)らは華々しい活躍の末、戦傷を負っています。
  • 肥前国松浦地方では、襲ってくる急報を受けた上松浦星賀一帯を領する地頭佐志四郎左衛尉房は、直ちにその子、直(なおす)、留(とどむ)、勇ら三人その他郎党を率いて馬を駆って現地に急行し、星賀村松山に本陣をおき、すがり上る敵のまっただ中に突入し孤軍奮闘したが、親子四人共々戦死を遂げています。

エピソード・伝承・うんちくなど

  • 松浦党の呼称・・・松浦地方に住む武士達の総称で血縁的な繋がりがあるという特徴があります。元々「党」とは漁業の網を数える単位で、一党、二党と古くは数えたと言い、海に縁の深い当地方にはふさわしい呼称であるかも知れません。
  • 昭和6年(1931)10月20日元寇650年の記念日に当たり、草野次郎経永の当時の戦功を賞され、特に「従四位」の追贈位がなされ、これを記念して昭和8年(1933)3月「草野次郎経永公顕彰会」によって彼が永年奉仕した鏡神社境内にその勲功を永く伝えるために誠忠碑が建てられました。
  • 馬渡島と元寇・・・ビクトリーストーンの伝説
    1274年(文永の役)、蒙古(もうこ)襲来の元寇の時、島の西南にある城山に主将馬渡美濃八郎為俊以下島民全員が元寇の撃退に努めましたが、元軍に追いつめられ、島民は矢も小石もつき果ててしまいました。
    しかし、一老婆が「石も石この石ひとつ」と叫びながら元軍目がけていし臼を投げ、元軍を撤退させたと言います。その時のいし臼が、馬渡島に保存されていて「勝利の石」として語り継がれています。

地図・写真・統計資料など

「原伊賀守」の刻銘がある六地蔵と追善供養墓

「原伊賀守」の刻銘がある六地蔵と追善供養墓:唐津市梨川内

佐志氏の居城浜田城跡

佐志氏の居城浜田城跡:唐津市佐志

(『鎮西町史』より)

草野経永誠忠碑

「草野経永誠忠碑」

唐津市鏡神社

(『肥前町史』より)

佐志房父子を祭る太刀神社

佐志房(さしふさし)父子を祭る太刀神社(オタッチョ様)元軍の襲来に国土を守って奮戦し、父子4人共々壮烈な戦死をとげました。

肥前町星賀

(『鎮西町史』より)

引用・参考文献(出典)

  • 『鎮西町史(上)』
  • 『肥前町史(上)』
  • 『郷土史誌「末廬国」』
  • 『石志文書』
  • 『有浦文書』の中の「注進松浦先祖代々末流次第事」

参考文献について

参考文献については、近代図書館が所蔵している資料もあります。

資料についての問い合わせは近代図書館までお願いします。

電話番号:0955-72-3467

松浦党の発展

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129