ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 唐津探訪 > 唐津の魅力データ集 > 歴史 > 弟日姫子(おとひめこ:松浦佐用姫)と大伴狭手彦(おおとものさてひこ)

  • もっと知りたい 唐津まちナビ
  • イベントカレンダー
  • 施設を探す・予約する
  • よくある質問
  • 各種相談

ここから本文です。

更新日:2015年8月6日

弟日姫子(おとひめこ:松浦佐用姫)と大伴狭手彦(おおとものさてひこ)

こわい『肥前風土記』の話

『肥前風土記』と大伴狭手彦

537年、宣化天皇は、任那(みまな)の要請により、大伴金持大連(おおとものかなもち・おおむらじ)に詔(みことのり)し、任那救援にあたらせました。金持は、その子、長男、磐(いわい)と三男、狭手彦を任那に遣わしました。
その時、磐は、筑紫に留まりて、その国の政を執り、三韓に備えます。弟の狭手彦は、新羅に攻められていた任那を鎮め、加えて百済(くだら)を救う事になります。
この狭手彦が、朝鮮へ向かう途中、松浦の地において、しばし、軍備を整えることになり、松浦の地に停泊しました。

松浦佐用姫と大伴狭手彦

『肥前風土記』(713年)の『松浦の郡』によれば、「鏡の渡(わたし)」と呼ばれる所の由来を説明し、そこに狭手彦や弟日姫子(松浦佐用姫)の名が書いてあります。
狭手彦は、命を奉じてこの村まで来て、篠原村の弟日姫子を妻にしました。この姫は、顔かたちは端正で美しく、人の世に優れた絶世の美人でした。別離のころ、狭手彦は、鏡を取り出して、愛する人に渡しました。弟日姫子は、悲しみ泣きながら栗川(現在の松浦川)を渡ると、贈られた鏡の紐が切れて落ち、川の中に沈みました。そのことによって、ここを鏡の渡(わたし・渡し場)と名付けました。
また、狭手彦の軍船の出帆を鏡山山頂から頒巾(ひれ)を振って見送った姫子の故事から、この山を頒巾振峯(ひれふりのみね)とも呼ぶようになりました。

『肥前風土記』には、狭手彦と別れてから、5日後、姫子の寝屋を訪れる男がいました。姿形が狭手彦に似ていましたが、不思議に思った姫子は、男の着物の裾に麻糸を結び、侍女と一緒に秘かに糸の後を訪ねると糸は、鏡山山頂の池の端まで続いていました。
そこには、頭が蛇で体が人間の姿をした魔物が横たわっていました。姫子等の姿を見付けた魔物は、「篠原の乙日姫子をさ一夜(ゆ)も、寝(い)ねてむしたや家に下さむや」と告げたので、驚いた侍女は山を駈け下り助けを村人に求めました。村人が駈けつけてみると、乙日姫子も魔物の姿のなく、池の底に白骨が沈んでいるだけでした。村人は、その白骨を、乙日姫子の骸(むくろ)として鏡山の南の小丘に奉りました。(蛇神伝説・人蛇混婚伝説)
以上が、『肥前風土記』に記された物語ですが、乙日姫子は、『万葉集』(~760年)では、松浦佐用姫と名を変え登場し、それ以降の関係する書物等には、「佐用比売」、「松浦佐用姫」、「松浦佐世姫」の名が用いられています。

それで、「現在の人々が知っている松浦佐用姫の話」ですが、大伴旅人等、万葉集に詠まれた時は、頒巾振り、名残を惜しむ所までの話でした。その後、この話は、少しずつ内容が変化していきます。
つまり、南北朝末期の『梵灯庵袖下集(ぼんとうあんそでのしたしゅう)』連歌師梵灯庵著(1349年~不明)には、佐用姫が石になった話が載っています。
(化石伝説)

エピソード・伝承・うんちくなど

  • 現在伝承されている佐用姫の話は、「狭手彦の軍船を佐用姫は、ひれを振って見送るが、それでも足りず、鏡山を飛び降ります。
    飛び降りた所が、佐用姫岩だったのです。それから、ずっと走りました。途中で衣を干したところが、衣干山です。
    加部島までたどり着き、そこで7日7晩泣きふし、ついに石になってしまいます。
    それで、そこには今でも望夫石(ぼうふせき)があります。」と言う話です。
  • 日本三大伝説(または、悲恋物語)とは、「松浦佐用姫伝説」、「羽衣伝説」、「浦島伝説」です。

地図・写真・統計資料など

呼子加部島の佐用姫像

呼子加部島の佐用姫像

国道203号沿いの「道の駅厳木」に立つ高さ12mの佐用姫像

国道203号沿いの「道の駅厳木」に立つ高さ12mの佐用姫像

鏡山山頂にある唐津焼の佐用姫

鏡山山頂にある唐津焼の佐用姫

博多人形の佐用姫

博多人形の佐用姫

(『唐津探訪』より)

昭和初期の領巾振松

昭和初期の領巾振松

(『浜玉町史上巻』より)

引用・参考文献(出典)

  • 『松浦佐用姫と大伴狭手彦』荻野忠行著、P50
  • 『浜玉町史』P244
  • 『肥前風土記』
  • 『浜玉町史』
    「文化」の部「万葉と松浦地方」参照

参考文献について

参考文献については、近代図書館が所蔵している資料もあります。

資料についての問い合わせは近代図書館までお願いします。

電話番号:0955-72-3467

弟日姫子(松浦佐用姫)と大伴狭手彦

弟日姫子(松浦佐用姫)と大伴狭手彦PDFデータ(PDF:225KB)

弟日姫子(松浦佐用姫)と大伴狭手彦PDFデータ(PDF:202KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

問い合わせ

文化振興課 

〒847-8511 佐賀県唐津市西城内1番1号

電話番号:0955-53-7129